NEW

JRA武豊を背に「15冠」ベビーが御出まし! 母凱旋門賞馬×G1・10勝の「世界的良血馬」が全兄のリベンジに燃える!!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊を背に「15冠」ベビーが御出まし! 母凱旋門賞馬×G1・10勝の「世界的良血馬」が全兄のリベンジに燃える!!の画像1

 G1・6勝ブエナビスタを母に持つブエナベントゥーラ(父モーリス)、アパパネ×ディープインパクトの12冠ベビー・アカイトリノムスメなど、今年も絵に描いたような良血馬がデビューを飾り、競馬ファンからの視線を集めた。

 11月も半ばになったため、そんな超良血馬たちのデビューもそろそろ頭打ちかと思われていたが、今週末、それらに負けず劣らず素晴らしい血統背景を持つ良血馬が登場するという。それが、オンラインドリーム(牝2、栗東・武幸四郎厩舎)だ。

 同馬の父馬は10~12年にかけて14戦14勝、G1・10勝をあげた怪物・フランケル。母馬のデインドリームも11年の凱旋門賞(仏G1)、翌年のKジョージ6世&QES(英G1)などを勝ち、G1・5勝を記録した世界的な名牝だ。

 オンラインドリームは武豊騎手を背に23日(月・祝)東京新馬戦(芝1400m)でデビュー予定。馬体重は420キロ前後と比較的小柄であるものの、父馬と母馬合わせて「15冠」を数える世界的良血馬が、武豊騎手とコンビを組むとあって、胸を躍らせるファンも多いことだろう。

 だが、両親が成績を残しているといえども、その産駒も走るとは限らない。良血馬と呼ばれ、多くの期待や注目を集めたものの大成することができずに、勝負の世界から去ることになった前例はごまんとある。

 ましてやオンラインドリームは、全兄ソリッドドリームが結果を残せなかっただけに、楽観視することはできない。

 ソリッドドリームは所有する社台レースホースから、1口の募集額を300万円(40口)に設定するなど大きな期待が懸けられていた。だが、ゲート試験後に右前脚膝の手根骨はく離骨折。全治6カ月の重症を負ってしまう。

 その後、紆余曲折を経て、2018年に3歳未勝利(ダ1400m)で遅いデビューを飾るも14着と惨敗。続いて芝のレース(芝1200m)を試されたがこちらも14着。その結果を受けて、JRAからホッカイドウ競馬へ移籍することになった。

 移籍後は気性難を考慮し、セン馬となり再起を図ろうとしたソリッドドリームだったが、ケガとの戦いは続き、結局門別競馬で1戦(2番人気5着)したのみで現役を引退することとなった。

 苦難の連続だったソリッドドリームとは違い、オンラインドリームはここまで順調に進んでいる様子。ここから全兄の無念を晴らすかのような活躍が期待される。

 そしてこのオンラインドリームが結果を残すことができれば、後々に母馬デインドリームが海を渡り、日本で繁殖牝馬として共用されるというプランも浮上するかもしれない。もしそれが叶えば、フランケルだけではなく、ドゥラメンテやモーリス、エピファネイアなどと配合され、日本の競馬界をさらに盛り上げる産駒が誕生する可能性もあるだろう。

 オンラインドリームにはその名の通り、ホースマンやファンたちのさまざまな“夢”を叶える存在となってもらいたい。

JRA武豊を背に「15冠」ベビーが御出まし! 母凱旋門賞馬×G1・10勝の「世界的良血馬」が全兄のリベンジに燃える!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!