NEW

JRAサリオス騎乗M.デムーロ「グランアレグリアだけじゃないよ!」マイルCS(G1)を現役騎手が大予想!? お世辞抜きの選択に本人も「自信があります!」

JRAサリオス騎乗M.デムーロ「グランアレグリアだけじゃないよ!」現役騎手がマイルCS(G1)を大予想!? お世辞抜きの選択に本人も「自信があります!」の画像1

 22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、サリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が出走を予定している。

 前走まで手綱を握っていたC.ルメール騎手は、グランアレグリアに騎乗。今回は乗り替わりでM.デムーロ騎手が騎乗する。

 サリオスはデビューから3連勝で朝日杯FS(G1)を制覇。皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)とクラシックではコントレイルの2着に屈したが、前走の毎日王冠(G2)では古馬相手に快勝した。

 デビュー戦は、東京競馬場で行われた8頭立ての1600m戦。このレースにはレイデオロの全弟・アブソルティスモが1番人気に推され、サリオスは2番人気だった。しかし、レースでは最後の直線、肩ムチだけで突き抜けたサリオスが勝利。アブソルティスモとの着差は0.3秒だったが、最後は流してもので3着馬には1.5秒と大きな着差をつけての快勝だった。

 2戦目のサウジアラビアロイヤルC(G3)も府中のマイル戦。1.5倍の圧倒的支持を受けたサリオスは、1.32.7のレコードタイムで優勝。初の重賞挑戦となったレースであったが、これも難なく突破した。

 デビューから2連勝で挑んだ朝日杯FS(G1)は、今回のマイルCSと同じ阪神のマイル戦。G1でも2.0倍と多くの支持を受けたサリオスは、先行して突き抜ける強い競馬。サリオス以外の上位馬が差し・追い込み馬だったことからも、ここでは能力が1枚上だったといえるだろう。

 クラシックの2戦も敗れたのはコントレイルのみで、日本ダービーでは0.5秒と突き放されたものの、皐月賞では半馬身差の接戦。3着馬は離しているだけに、2000m以下ならコントレイルともそん色はなさそうだ。

 休養明けとなった前走の毎日王冠では、古馬を一蹴。今回と比べ能力が劣るメンバーだったのは確かだが、3馬身差の圧勝は世代間でも通用することを証明してみせた。

 デビューからの3戦は全てマイル戦。前走の毎日王冠が1800mで、これ以下の距離では4戦負けなし。皐月賞でも無敗の三冠馬コントレイルの半馬身差2着と、1600m~2000m辺りが適距離であることは確かだろう。

JRAサリオス騎乗M.デムーロ「グランアレグリアだけじゃないよ!」現役騎手がマイルCS(G1)を大予想!? お世辞抜きの選択に本人も「自信があります!」の画像2

 M.デムーロ騎手は『netkeiba.com』のコラム『M.デムーロ世界一になる Road to No.1』にて「コントレイルがいなかったらサリオスが2冠馬だった」とサリオスを高く評価。今回の強豪相手でも「自信があります!」とマイルCS制覇に意欲を見せた。

JRAサリオス騎乗M.デムーロ「グランアレグリアだけじゃないよ!」マイルCS(G1)を現役騎手が大予想!? お世辞抜きの選択に本人も「自信があります!」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!