NEW

JRA武豊ジャパンC「どの馬が東京2400mでベストかな?と思ったら」アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から選んだのは……

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊ジャパンC「どの馬が東京2400mでベストなのかな?と思ったら」アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から選んだのは……の画像2

 武豊騎手は「3頭で『どの馬が東京の2400mがベストなのかな?』と思ったら、コントレイルのような気はしますけどね」と発言。今週のマイルCS(G1)でも有力視されているサリオスを3馬身ちぎった日本ダービー(G1)の印象が強く残っているようだ。

「今年は現地のファンの前でするトークショーと違って、ネット上でのライブ配信ということもあって、トークの内容はかなり控えめでしたね。お酒の量が足りなかったのかもしれません(笑)。

東京・芝2400mの持ち時計といえば、やはり一昨年のジャパンC(G1)で世界レコードを記録したアーモンドアイに一日の長がありますが、今年も春はヴィクトリアマイル(G1)、安田記念(G1)と進んだように、基本的には2000m以下がいい馬。

デアリングタクトもコントレイルの日本ダービーとも0.3秒しか変わらない優秀な時計でオークス(G1)を勝っていますが、武豊騎手の印象に残っているのはコントレイルの日本ダービーのようですね。その直後には『知らんけど(笑)』と、とぼけていましたが」(競馬記者)

 武豊騎手が挙げたコントレイルに対して、デムーロ騎手が「何回も一緒に走ったけど、ただただ強い」と言えば、和田騎手も「全然、敵う感じがしなかった」とクラシック三冠レースでの戦いを振り返っている。

 ただ、「ワールドプレミアもいるんで」と自身が騎乗する昨年の菊花賞馬の名を挙げることも忘れなかった武豊騎手。「乗るからには大金星を挙げたいという気持ちはありますよ」と番狂わせを誓っていた。

JRA武豊ジャパンC「どの馬が東京2400mでベストかな?と思ったら」アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から選んだのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  2. JRA「当分見納め」濃厚R.ムーア帰国の本音と建前、O.マーフィーも例の疑惑で数年無理?見えない大敵がネックとなる再来日
  3. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  4. JRAチャンピオンズC(G1)コントレイルの矢作芳人厩舎に「大番狂わせ」の期待、波乱の立役者のキーワードは「○○は○○でも」
  5. JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方
  6. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  7. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  8. JRA「プチブレイク」イケメンは甘いマスクだけでなく技術も一流! 女性ファンに大人気の三冠ジョッキーが関係者から愛される理由
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体