NEW

甘デジ2020年「ベスト3」に入る傑作!?「目指せ10万発」第3戦シリーズは絶好のスタート!!

【この記事のキーワード】

,

甘デジ2020年「ベスト3」に入る傑作!?「目指せ10万発」第3戦シリーズは絶好のスタート!!の画像1

 前回で2店舗目のホール陣取り合戦(甘デジ全台大当りさせる)を終え、次なる戦地へと移動することとなった。結果的にはマイナス1万6000発ほどのダメージを負い、1店舗目と合わせると3万発近い負債を抱えていることになる。非常に厳しい戦況である。

 とにかく、勝利を手にするために出だしで勢いに乗りたい。そんな重責を担う機種は実績抜群のこの機種『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアLIGHT ver.』である。RUSHが刺されば特大ホームランの可能性が高まる。何より、登場から2年が経ったがいまだに人気が衰えない台なので、調整面でも期待が持てるのである。

 打ち出して50回転ほどしたところで、デュランダル保留。発展先が装者リーチ後半と心もとなかったが、何とか大当りを引き当てて最終決戦チャレンジである。保留に剣が刺さって大当りしたので、RUSHも刺さってくれとの願いを込める。

 緑・緑・青・赤・緑で挑んだRUSHチャレンジ。期待の赤が虚しくグレーアウトしたところで望みが絶たれ、200発ほどの出玉が上皿で佇む。期待した回りも特別よかったわけではないので、台を移動することに。ちょっと入りがイヤな感じとなってしまった。

 次に座ったのは『PAドラム海物語IN JAPAN』。これは本当に面白い機械だし、出玉力もあるので、なんで人気にならないのか不思議でしょうがない。遊タイムは思ったほど市場で跳ねていない印象なのだが、原因はなんなのであろうか。

 さて、『PAドラム海物語IN JAPAN』だが、遊タイムと突発時短、さらに時短限界突破と新解釈のフルコンボで、しかもバランスが非常に良い。突発時短は20or40だが甘デジなのでここで当りを引っかけることも少なくなく、パチスロのチャンスゾーンのような趣きでかなりアツくなれる。

 突発時短の確率は約1/163.8だが、相性がいいのか、通常時からの「花火タイム」をけっこう引いて、しかもここで大当りを引けるのである。今回もわずか19回転から「花火タイム」ゲット! と思いきや時短回数を示す7セグが「40」を超え「SP」と表示されるではないか。遊タイム突入である。

 あれ? たしか表示は163回転だったが、前日から引き継がれた宵越し台だったのか、なんか謎に時短289回転を獲得してしまったのである。その遊タイムで引き当てた大当りがなんと7図柄揃い。10ラウンド1000発出玉+再びの時短289回時短突入である。

 最高の展開である。たとえ時短で引き戻せなくても1回転で再度遊タイム突入の無敵ゾーンで気分は最高潮! いや、マジでめちゃめちゃおもしろい。今年の町男’sベストマシン、3本の指に間違いなく入る機種である。

 その後に2連チャンを重ね、約1900発の出玉を手に入れることができた。このまま打ち続けるのもアリかもしれないと思いもしたが、回りがイマイチだったし、なんとなくこの勢いはここで打ち止めのような気がして、潔く席を立つことに決めた。

 なかなか希望の持てるスタートが切れた。この店舗では充分戦えそうな予感である。

【C店】
・今回のトータル出玉 893発(総収支 +893発)
・実戦機種 2台(計2台/40台)

 これまでの結果
 A店【実戦機種26台、コンプリート(大当りさせた)台、16台/33台中・収支 -12249発】
 B店【実戦機種21台コンプリート、収支 -16314発】

(文=大森町男)

【注目記事】

パチスロ「サミー爆裂機」の代名詞が間もなく撤去…状況に応じて「単チェリー」出現率が変化するアンリミテッドリール機

パチンコ新台35分で「2万発」!? 「一撃3000発」が繰り出す大爆撃で「現役最速」の座を狙う!!

パチスロ「2000G上乗せ」に続く「KINGスペック」降臨!! 「時間効率」と多彩な「上乗せ」に特化した“超大御所”に熱視線!!

甘デジ2020年「ベスト3」に入る傑作!?「目指せ10万発」第3戦シリーズは絶好のスタート!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!