NEW

パチスロ新作『北斗の拳 宿命』に続報!? 「革命スペック」実現の予感…

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ新作『北斗の拳 宿命』に続報!? 「革命スペック」実現の予感…の画像1

 11月16日、大手パチスロメーカー「サミー」の発表に業界が騒然となった。「北斗の拳シリーズ」最新作が6.1号機として「適合」したという。

 メーカーの発表は「発売決定」の段階で行われることが一般的。「適合」の段階で発表されることは非常に稀である。識者の間では、これは「必ず売る」というメーカー側の「自信と意気込みの現れだ」とする見方が強いようだ。

 そんな渾身作のタイトルは『パチスロ北斗の拳 宿命』。詳しいスペックなどは公表されていない。

「徐々に情報が出てきているようで、『専用筐体』や『低ベース』、『初代北斗のようなモード移行システム』とも囁かれています。特に注目したいのはベースに関する内容でしょう。

現行の6号機には無かったメリハリのある出玉が期待できますね。まだ『適合』の段階ですが、登場は来年2〜3月が予想されています。今から楽しみです」(パチスロライター)

 6.1号機においては「ペナルティ規制の緩和」により、低ベース化が可能といわれてきたが現行の機種では実現に至っていない状況だ。

 これは型式試験の内容が「壁となっている」と予想されているが、今作『パチスロ北斗の拳 宿命』にて低ベース化が成されたとあれば…。

 本機だけでなく、今後リリースされる全ての6.1号機にも大きな影響を与えることとなるだろう。

 現行の「50枚あたり約50G」という高ベースを歓迎するホールは少ない。なぜならば、設計上はコインの「吸い込み速度」が遅いほど、大当りの出玉が相対的に少なくなるのだ。

 単純に考えれば、低設定の場合、1000枚出すには通常時を1001G以上回さなければホールは採算が合わないことになる。

パチスロ新作『北斗の拳 宿命』に続報!? 「革命スペック」実現の予感…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!