NEW

JRA武豊「クッキー泥棒」M.デムーロにタジタジ!?「僕のアルフォートを……」ディープインパクト無断騎乗に続く、まさかの告白?

【この記事のキーワード】

, ,

「(だって)乗りたかったヨ!!」

 あれから1年……いや、正確には約1年3カ月、再びM.デムーロ騎手のお茶目ぶりが、武豊騎手によって暴露されてしまった。

 18日、大井競馬場で開催されたサンタアニタトロフィー(S3)の開催に伴い、武豊騎手、M.デムーロ騎手、和田竜二騎手によって行われたトークショー。様々な話題が上る中、「レース当日の間食」の話になった際、デムーロ騎手が“告白”した。

「なんか僕のクッキー減ってるなと思ったら……」

 そう話したのは武豊騎手だ。レース当日は甘い物を少しつまむ程度だが、中でもお気に入りはブルボンのアルフォート。クッキーとチョコレートが絶妙のバランスで融合を果たした国民的知名度を誇る名菓である。

 しかし、そのアルフォートが時々勝手に減っているという。犯人はどうやら「豊さん、いつもクッキー買ってるので、ボクが泥棒するから……」と告白したデムーロ騎手。レース当日はコーヒーを飲む程度だが、お気に入りのキットカットがなくなると武豊騎手の“秘密兵器”を勝手に摘まんでいるようだ。

 これには武豊騎手も「僕のアルフォートをすぐに盗むんですよ(笑)」とタジタジといった様子……。同メンバーで行われた昨年のトークショーに続き、またもデムーロ騎手の茶目っ気が明らかになった。

「昨年のトークショーでは、現役時代に武豊騎手が全レースで手綱を執ったディープインパクトが引退した後、デムーロ騎手が『一度乗ってみたかった。力強いし、素晴らしい馬だった』と牧場に無断で騎乗したエピソードが明かされていました。

もちろん笑い話でしたが、和田騎手の『豊さんしか乗ったことないのに!』というツッコミに『(だって)乗りたかったヨ!!』と開き直っていたのが、ファンの間で大きな話題になりましたね(笑)」(競馬記者)

 武豊騎手とデムーロ騎手といえば、2015年の朝日杯フューチュリティS(G1)のエピソードがあまりにも有名だ。

 ゴール前、勝てばJRAの全G1コンプリートが懸かった武豊騎手のエアスピネルが力強く抜け出したところを、デムーロ騎手のリオンディーズが強襲。武豊騎手はあと一歩のところで前人未到の大記録を逃し、「空気の読めないイタリア人」とデムーロ騎手をイジっている。

 その翌週もデムーロ騎手がウイニング競馬(テレビ東京)のインタビューに応じたところに、武豊騎手が飛び入り参加。「あー!悪い人」と言いながら、カメラの前に登場するとデムーロ騎手の頭をガシガシ……。

「ホントに悪い人、謝りなさい!」とファンへの謝罪を要求すると、デムーロ騎手がニコニコしながら「すみません!」と頭を下げる爆笑シーンがあった。

 1999年に短期免許で初来日を果たし、2015年からはJRA騎手として日本競馬に参戦しているデムーロ騎手。洋室より和室を好み、調整ルームではいつも納豆を食べるなど、すっかり日本に馴染んでいるが、兄のような武豊騎手の存在はことさら大きいに違いない。

JRA武豊「クッキー泥棒」M.デムーロにタジタジ!?「僕のアルフォートを……」ディープインパクト無断騎乗に続く、まさかの告白?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!