NEW

JRA武豊「過去6年で3勝」得意レースで出るか“代打HR”!? コントレイルに“先着”バスラットレオンは巻き返し図る【ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)展望】

JRA武豊「過去6年で3勝」得意レースで出るか代打HR!? コントレイルに先着バスラットレオンは巻き返し図る【ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)展望】の画像1

 2014年にOP特別からG3に格上げされたラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)が、28日に阪神競馬場で開催される。年末のホープフルS(G1)に向け、2000m戦で勝ち名乗りを上げるのは、どの馬だろうか。

 今月だけで重賞3勝と絶好調のオルフェーヴルを父に持つラーゴム(牡2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が重賞初挑戦。7月の新馬戦は今回と同じ阪神2000mが舞台だった。このレースを先行して勝ち上がると、8頭立ての5番人気に甘んじた2戦目のアイビーS(L)では、勝ったオーソクレースからクビ差の2着に健闘した。

 過去2戦で手綱を取った北村友一騎手が騎乗停止中のため、今回は武豊騎手が代打騎乗を予定している。武騎手はこのレースがG3となった過去6年で3勝(15年ドレッドノータス、17年グレイル、19年マイラプソディ)しており、相性は抜群。1週前追い切りにも騎乗し、代打で一発を狙う。

 バスラットレオン(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、夏の札幌で2走し、今回が約3か月ぶりの実戦となる。2戦目の札幌2歳S(G3)では、1番人気に支持されたが、ソダシから0秒3差の3着に敗れた。

 まだ洋芝経験しかなく、その実力は未知数だが、1週前追い切りの内容から、人気を集めそうだ。18日の栗東CWで、コントレイルとダノンファラオと3頭併せを敢行したバスラットレオン。手応え余裕のままジャパンカップ(G1)に出走するコントレイルに堂々先着してみせた。

 近親にスティッフェリオがいるように、血統的にはやや晩成型。にもかかわらず、2歳のこの時期に無敗の3冠馬相手に調教で先着したというのは、ポテンシャルが高い証しだろう。いい競馬を見せることができれば、先々が楽しみな存在になりそうだ。

 ダノンドリーマー(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、9月の新馬戦で5着に敗れた後、距離をマイルから2000mに2ハロン延ばした新潟未勝利戦を勝ち上がった。

 3代母にはオークス2着、桜花賞と秋華賞で3着というエアデジャヴーがいて、一族からはエアシャカール、エアシェイディ、エアスピネルなどが出ている。鞍上には、前走から引き続き岩田望来騎手が手綱を取る。2年目の若手の有望株も、重賞ではいまだ勝利なし。そろそろ重賞タイトルを獲りたいところだ。

 8月小倉の新馬戦で5馬身差の圧勝劇を演じたグラティトゥー(牡2歳、栗東・橋口慎介厩舎)が初めての重賞に挑戦する。

 前走の紫菊賞(1勝クラス)は、ヨーホーレイクの2着に敗れたが、良血馬相手に重賞級の能力を示した。エピファネイア産駒で鞍上には松山弘平騎手というデアリングタクトと同じ組み合わせ。ジャパンカップの前日に2歳重賞で白星を挙げられるだろうか。

 この他には、紫菊賞でグラティトゥーに次ぐ3着に好走したマカオンドール(牡2歳、栗東・今野貞一厩舎)。1戦1勝で、福永祐一騎手が騎乗予定のグロリアムンディ(牡2歳、栗東・大久保龍志厩舎)。萩S(L)3着のワンダフルタウン(牡2歳、栗東・高橋義忠厩舎)などが出走を予定している。

 過去6年で3勝している武騎手とラーゴムに注目が集まる、ホープフルSに向けた重要な一戦は、28日15時40分に発走予定だ。

JRA武豊「過去6年で3勝」得意レースで出るか“代打HR”!? コントレイルに“先着”バスラットレオンは巻き返し図る【ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は