NEW

JRAマイルCS(G1)福永祐一グランアレグリア「封印」に絶賛の嵐! C.ルメール「それが競馬」2人の仁義なき戦いは最終章ジャパンC(G1)へ

JRAマイルCS(G1)福永祐一グランアレグリア「封印」に絶賛の嵐! C.ルメール「それが競馬」2人の仁義なき戦いは最終章ジャパンC(G1)への画像1

 22日、阪神競馬場で行われたマイルCS(G1)は、1番人気のグランアレグリアが春秋マイルG1制覇を達成。春の安田記念(G1)でアーモンドアイを退けた爆発力を再び見せつけた。

 レース後、主戦のC.ルメール騎手は「めちゃくちゃ強かった」とグランアレグリアを絶賛した一方、「ちょっとだけ心配した」と決してスムーズなレースではなかったことを明かしている。

「(他の騎手が)1番人気の馬をマークするから、いいタイミングで外に行けなかった」

 主戦騎手がそう振り返った通り、最後の直線では前が壁になるシーンも……残り200mを切ったところでようやく進路が開き、持ち前の瞬発力を爆発させると、最後は先に抜け出したインディチャンプをねじ伏せた。

 安田記念ではアーモンドアイを2馬身半置き去りにしたグランアレグリアだったが、今回の着差はわずか3/4馬身差だったことからも苦戦ぶりが窺える。

「レース後、ルメール騎手が『4コーナーまで、ちょうどいいレースでした』と語った通り、この日のグランアレグリアは、途中までほぼ完璧なレースをしていたと思います。

しかし、最後の直線で『後は前の馬を交わすだけ』といった状況になった時に、インディチャンプが外から進路を絞る競馬。グランアレグリアは行き場を失い、これにはルメール騎手も『ちょっとだけ心配した』と肝を冷やしたようでしたね。今回は馬の力で勝ったという面も大きいと思います」(競馬記者)

 一方で昨年、春秋連覇を成し遂げた旧マイル王インディチャンプ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は意地を見せた格好だ。

JRAマイルCS(G1)福永祐一グランアレグリア「封印」に絶賛の嵐! C.ルメール「それが競馬」2人の仁義なき戦いは最終章ジャパンC(G1)へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  2. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  3. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  4. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  5. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  6. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  7. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  8. JRA武豊「4億円」の大本命ダノンマイソウル撃破にしてやったり! シェルビーズアイ最後方から差し切り勝利に「まだまだ良くなる」
  9. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  10. JRA ゲート内で「大暴れ」→そのまま発走に疑問の声続々!? チャンピオンズC(G1)今秋絶好調コンビの大惨敗は「1年6ヶ月ぶり」中央出走も影響か