NEW

パチスロ6号機最強『吉宗3』は「鷹狩り発生率」が攻略のカギ!「初代最大天井」も高設定のサイン!?

【この記事のキーワード】

,

パチスロ6号機最強『吉宗3』は「鷹狩り発生率」が攻略のカギ!「初代最大天井」も高設定のサイン!?の画像1

 続々と設定推測要素が判明し、立ち回り術が確立されつつあるサボハニの大ヒットタイトル『吉宗3』。

 またしても新たな重要ポイントが発覚したので、しっかりと暗記してビッグ平均「711枚」のハイスペックを遺憾なく発揮させよう。

 まずは、おさらい。本機はボーナス契機のひとつ「千両ポイント」MAX時の当選率に設定差があり、その数値は設定1:17.0%、設定2:17.2%、設定3:21.0%、設定4:22.5%、設定5:32.0%、設定6:32.4%と設定に準じて上昇。設定1&2と設定5&6とでは約2倍の差が設けられている。

 その千両ポイントの大量獲得ゾーン「千両回胴」はチャンス役などを機に突入し、弱チェリー及び松成立時の当選率に設定差が存在。中でも松成立時のそれは設定1&2:3.1%、設定3:4.3%、設定4:7.8%、設定5:4.3%、設定6:12.5%と設定4と6が顕著に優遇されていることから、松からの千両回胴当選が幾度となく確認できれば設定4or6に期待できる。

 確定系の演出はボーナス終了時などに出現する可能性があり、「姫パネル」は設定2以上、「ラブリーパネル」は設定4以上が確定。「爺パネル」は設定5&6、「越後屋悪代官パネル」は設定6に期待でき、「落書き」は設定6が約束される。ちなみに、爺パネルや越後屋悪代官パネルに関しては低設定で出現するケースもあるようだ。

 リセット後はシャッターの右側奥にある「越後屋悪代官ランプ」に要注目で、44Gでの点灯は設定4以上、55Gでの点灯は設定5以上、66Gでの点灯は設定6が確定する模様。運が良ければ、朝イチからわずかな時間で高設定の可能性が高まることとなる。

 新要素は突入した時点でビッグ濃厚となる「鷹狩り」発生率とビッグ中の獲得枚数表示の2種類で、鷹狩り演出発生率は設定1:30167分の1、設定2:19903分の1、設定3:10626分の1、

 設定4:6448分の1、設定5:7550分の1、設定6:3429分の1と、設定1と6とでは約10倍もの開きがあるほど設定差特大。複数回突入するようであれば、高設定を確信してよさそうだ。

 一方、ビッグ中の獲得枚数表示は「711両」表示で設定4以上、「1921両」表示で設定6が確定。1921は初代『吉宗』の最大天井ゲーム数と同数値であることから、オールドファンは覚えやすいであろう。

 なお本機は実戦上、設定6はREG後の「高確率」からビッグに繋がりやすいといった特徴もある。この点についても詳細が分かり次第、お伝えしたい。

【注目記事】

パチスロ「リアルボーナス」が“確変”する新スペック!! 予測不能の「出玉の波」を掴み取れ!!

パチスロ「1/8192」のBAR揃いビッグ後は「2000G」RT突入! 一発告知の「豆の木モード」がアツい!!【5号機回想~ジャックと豆の木編~】

パチスロ「大物新台」を効率よく「ハイエナ」!?「狙い目」や「スペック」を「徹底解説」

パチスロ6号機最強『吉宗3』は「鷹狩り発生率」が攻略のカギ!「初代最大天井」も高設定のサイン!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!