NEW

JRA武豊ワールドプレミアに「強烈サイン」!? ジャパンC(G1)“幻”「花の12期生」結婚で「息は苦しそう」から一変か

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊ワールドプレミアに「強烈サイン」!? ジャパンC(G1)幻「花の12期生」結婚で「息は苦しそう」から一変かの画像1

 29日、東京競馬場でジャパンC(G1)が開催される。無敗3冠馬のコントレイル、デアリングタクト、8冠馬アーモンドアイの3強対決が大きな注目を集めている。

 まさに最強馬を決めるドリームマッチなのだが、3強以外にも豪華メンバーが脇を固めていることを忘れてはならない。グローリーヴェイズ、キセキといったG1馬も下剋上を狙う侮れない存在だ。

 その中でも、ワールドプレミア(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)に追い風が吹いているかもしれない。

 昨年の菊花賞(G1)を制し、有馬記念(G1)でも3着に好走したワールドプレミア。今年は天皇賞・春(G1)を目標に調整されていたが、体調が整わず春全休となった。そして、ジャパンCで11か月ぶりに復帰することになる。

 18日の1週前追い切りは栗東・坂路コースで4ハロン52秒1、ラスト12秒8をマーク。調教に跨った武豊騎手は「思ったよりも動いた。ただ、息は苦しそうだったので、休み明けという感じはする」と、久々の影響が少なからずありそうなコメントを残した。

 だが、22日の追い切りでは上昇ムードを漂わせている。CWコースで、ジャパンCに出走予定のマカヒキ、ユーキャンスマイルと3頭併せで行い、ワールドプレミアがクビ差最先着。ラスト1ハロンは12秒0と鋭い伸びを見せており、大一番に向けて猛アピールの内容である。

 もしかすると、この良化の裏にはオーナーのプライベートが影響しているのかもしれない。

 22日、ワールドプレミアのオーナーである大塚亮一氏が女優のおりもりおと12月25日に結婚することが明らかになった。なお、おりもりおは結婚を機に芸能界を引退し、夫を支えることに専念するという。

「いい夫婦の日」に晴れて結婚発表となった大塚オーナー。大塚総合税理士法人の代表を務めており、昨年はワールドプレミアでG1初制覇、今年は結婚と、まさに充実の一途である。

 そんな大塚オーナーだが、実は意外な経歴の持ち主でもある。

JRA武豊ワールドプレミアに「強烈サイン」!? ジャパンC(G1)“幻”「花の12期生」結婚で「息は苦しそう」から一変かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA福永祐一&川田将雅、有馬記念も不参戦!? 朝日杯FS(G1)騎手変更も、さらに高まるリスク…
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRAチャンピオンズC(G1)コントレイルの矢作芳人厩舎に「大番狂わせ」の期待、波乱の立役者のキーワードは「○○は○○でも」
  5. JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手
  6. JRA【有馬記念(G1)想定】女王クロノジェネシスVS皐月賞馬エフフォーリア&菊花賞馬タイトルホルダー! 新女王アカイイト、実力派ステラヴェローチェ、ディープボンドなど【想定騎手入り】
  7. JRA「このままでは終われない」救世主は武豊か、それとも…名門厩舎がまさかの重賞“ゼロ”勝で緊急事態!? 現役最長16年連続記録へ黄色信号
  8. JRA「当分見納め」濃厚R.ムーア帰国の本音と建前、O.マーフィーも例の疑惑で数年無理?見えない大敵がネックとなる再来日
  9. JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方
  10. チャンピオンズC(G1)JRAの「手のひら返し」にソダシが大ピンチ、ダートは問題なしの「先入観」が命取りの決定打?