NEW

JRAディープインパクト産駒サトノフォーチュン「悪路に泣いた」良血馬が5馬身差完勝! 本領を発揮した大器が「プチ低迷」サトノ軍団復活のキーマンに名乗り!!

【この記事のキーワード】,

JRAディープインパクト産駒サトノフォーチュン「悪路に泣いた」良血馬が5馬身差完勝! 本領を発揮した大器が「プチ低迷」サトノ軍団復活のキーマンに名乗り!!の画像1

 ついに「大器」がその真価を発揮したようだ。

 23日(祝・月)の東京2歳未勝利戦(芝2000m)は、サトノフォーチュン(牡2、美浦・国枝栄厩舎)が勝利。2着に5馬身差をつけ、見る者の度肝を抜く走りを見せつけた。

 父ディープインパクト、母フォーチュンワード、母父はエクリプス賞最優秀2歳牡馬に輝いたデヒア。半兄にはダート重賞で2勝を挙げたグレイトパール(父キングカメハメハ)がいる。

 サトノフォーチュンは三浦皇成騎手を背にしたデビュー戦で、1番人気に支持されるも、重馬場に苦戦して4着。続く2戦目も戦前からの雨が祟って不良馬場での決戦となり、道悪巧者ゴールドシップ産駒のスウィートブルームが勝利をする一方、一瞬の切れ味が信条のディープインパクト産駒であるサトノフォーチュンは11着と大敗を喫した。

 そして迎えた3戦目。念願の良馬場で開催されたレースで、サトノフォーチュンは躍動。逃げたマイネルキュリアスを見る形で2番手を進むと、4角から進出を開始して残り400mで先頭へ。そこからはライバルを突き放し、堂々の勝利を飾った。

 騎乗した三浦騎手は、前2戦の凡走は馬場が影響していたと敗因を分析したが、「その2戦でゲートが悪かったりとか経験したことが、このパフォーマンスにつながっている」と敗戦も糧になったと語っている。

「サトノフォーチュンは、ようやく本来の持ち味であるきれいなフットワークが活かせる舞台に出走することができましたね。管理する国枝師も『少しずつ良くなっている』と目を細め、『基本的には長いところ』と今後を見据えていましたよ。これからが楽しみな存在がまた1頭登場しました」(競馬誌ライター)

JRAディープインパクト産駒サトノフォーチュン「悪路に泣いた」良血馬が5馬身差完勝! 本領を発揮した大器が「プチ低迷」サトノ軍団復活のキーマンに名乗り!!の画像2

 かつては2016年の有馬記念(G1)を制したサトノダイヤモンドを筆頭に、多くのG1馬を抱えていた「サトノ軍団」。今年も菊花賞(G1)3着サトノフラッグ、毎日杯(G1)を勝ち、日本ダービー(G1)で4着に入ったサトノインプレッサなどが大舞台を沸かせた。しかし古馬でもサトノガーネットがエリザベス女王杯(G1)11着、サトノソルタスが大阪杯(G1)10着に終わるなど、G1での勝利は2017年のサトノクラウンが優勝した宝塚記念(G1)以来、遠ざかっている。

 それもあり、このサトノフォーチュン、新馬戦を快勝したサトノルーチェ、さらにサフラン賞(2勝クラス)を勝利し、阪神JF(G1)への出走を控えるサトノレイナスなどには、サトノ軍団復権のキーマンになることも期待されている。

 再び“サトノ”はG1の舞台で輝くことができるのか。

JRAディープインパクト産駒サトノフォーチュン「悪路に泣いた」良血馬が5馬身差完勝! 本領を発揮した大器が「プチ低迷」サトノ軍団復活のキーマンに名乗り!!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは