NEW

史上空前“アナ泣かせ”の珍名馬がSNSで話題沸騰! 「ナナナナナイロ」との対戦は実現するか

【この記事のキーワード】,

史上空前アナ泣かせの珍名馬がSNSで話題沸騰! 「ナナナナナイロ」との対戦は実現するかの画像1

 競馬中継でお馴染みのラジオNIKKEI小塚歩アナウンサーが自身のTwitterに投稿したツイートが話題となっている。

 20日にツイートした内容はこちら。

「スモモモモモモモモ Sumomomomomomomomo(JPN) アルファベット表記もインパクトある」

 国内最大級の競馬情報データベースの『JBISサーチ』のリンクとともに投稿されたそのツイートは、23日現在で約500の「いいね」を獲得している。スモモモモモモモモ……。初耳の人の中には、指を折って「モ」の数を数えた人もいるだろう。これは、南関東・大井競馬の櫻木英喜厩舎が管理する実在する2歳馬の馬名だ。

 日本人なら誰しも、「すもももももももものうち」という早口言葉を知っているはず。老若男女問わず、一度は口にしたことがあるだろう。スモモモモモモモモは、この早口言葉をヒントに名付けられたとみられる。もちろん、早口言葉そのままだと制限文字数を超えるため、9文字に収めたのだろうか。

 小塚アナウンサーのツイートに対しては、「ゆっくり実況しないと無理ゲー」や「指は折り曲げての実況ですか?」という返信が寄せられている。確かにカタカナ表記のままだとアクセントは非常に難しいが、漢字で書くと、「酢桃も桃も桃」で、難易度は格段に下がる。ただし、アナウンサー泣かせな馬名であることに変わりはない。

 父は2009年皐月賞馬のアンライバルドで、母は現役時代に3戦0勝で繁殖入りしたフロントタック。両親ともに特に癖がある馬名というわけではない。

 馬主の井上久光氏は、JRAの馬主資格も有しており、これまで中央地方あわせて100頭近く所有している。代表馬は大井で通算14勝のプリサイスキングで、極めて普通の馬名だ。ただし、珍名と言っていい馬名も何頭か見受けられる。

 カオスッピン、サワルナ、カオカオオイデマセ、イラッシャイマセなどは珍名の部類に入るだろう。このうちカオスッピンとサワルナはスモモモモモモモモと同じ櫻木厩舎というのは偶然だろうか。

 大井競馬といえば、同じ2歳馬にナナナナナイロという馬もいる。馬主は、リフレイムのオーナーとして知られる山口裕介氏だ。こちらはアーティストのPerfumeの曲名からとった馬名だ。すでに7月にデビュー勝ちを収め、これまで4戦している。

 もし近い将来、スモモモモモモモモとナナナナナイロの2頭が対決し、ゴール前で接戦を演じるようなシーンがあれば、百戦錬磨のアナウンサーであっても噛んでしまうかもしれない。果たして2頭の対決が実現する日は来るのだろうか。

史上空前“アナ泣かせ”の珍名馬がSNSで話題沸騰! 「ナナナナナイロ」との対戦は実現するかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?