NEW

パチスロ新台『アカメが斬る!』などが既に好調。販社最大手「フィールズ」売上高61.9%減の減収も…

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ新台『アカメが斬る!』などが既に好調。販社最大手「フィールズ」売上高61.9%減の減収も…の画像1

 パチンコ・パチスロ機の販売、企画開発などを手掛けるフィールズ(東証1部:2767)は11月13日、2021年3月期第2四半期の連結決算を発表した。

 これによると、売上高は前年同期比61.9%減の105億9100万円、営業損失33億2700万円、経常損失32億4700万円、純損失39億2300万円。前年同期は売上高277億7000万円、営業損失27億5000万円、経常損失25億3000万円、純損失27億5600万円だった。

 経営成績及び連結業務予想に関して、同社は「パチンコ・パチスロ市場の本年度の総販売台数の予測は、当初市場に設置されている旧規則機約230万台が撤去される予定等により、前年度比40%増の約250万台の販売が見込まれていた」ものの、「新型コロナウイルス感染拡大の影響によるパチンコホールの営業自粛、また撤去期限の一部延長が決まる等の要因を受け、上半期の総販売台数は40万台と低調に推移した」と説明。

「新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言等を遵守し、上半期の販売予定機種の販売延期等を行ったことにより、上半期の販売台数は低調に推移した」とし、『ブラックラグーン4』『シャア専用パチスロ 逆襲の赤い彗星』『パチスロ リングにかけろ1 ワールドチャンピオンカーニバル編』、計3機種のパチスロ機の総販売台数は16,500台となった。

 グループ企業の状況としては、「ウルトラマンシリーズ」で有名な円谷プロダクションは「政府の緊急事態宣言による外出制限やイベント開催のガイドラインを遵守したことにより、イベント・ライブショーの中止や規模縮小を余儀なくされた」ほか、「映画の製作に遅れが生じ公開を延期する等、新型コロナウイルスの影響を直接受けた」と報告。

 これらにより、当初は厳しい予想だったものの、「第2四半期に入り国内および中国のマーチャンダイジングが好調に推移した」ことで想定を超える回復を見せた。

 映像企画・制作事業のデジタル・フロンティアは「巣ごもり消費によって高まる国内ゲーム会社からのCG映像制作を多数受注した」と報告。「高いCG映像クオリティを維持しつつ半分以上のエンジニアが在宅勤務で映像制作業務を行える体制を短期間で整えた」ことによるオフィス面積縮小のコスト圧縮効果も見込まれた。

 通期の見通しについては、「パチンコホールの稼働が急速に回復傾向に向かうとともに、パチンコ遊技機等内規の見直しによる新しいゲーム性を搭載した遊技機が市場で高い評価を得ている」「下期中に約90万台の撤去が決定されている」などとし、「100万台以上の新台需要が予測される」と分析。

 同社としてもパチンコ機は『新世紀エヴァンゲリオン 決戦~真紅~』『ぱちんこ ウルトラセブン 超乱舞』など、パチスロ機は『パチスロ モンスターハンター:ワールド』『パチスロ 哲也-天運地力-』『アカメが斬る!』などを市場投入し、「既に5万台以上の受注が確定している」とした。

 また、第4四半期に納品予定の機種についても「撤去に伴う入替需要に応えて最適な商品を適時投入できるように対応する」とした。これらにより、営業利益は12億円(前期比68.1%増)、経常利益は12億円(同27.7%増)、純利益は3億5000万円(前期比28.7%減)を計画している。

【注目記事】

パチンコ 期待度「約98%」も話題の「確変ループ」!! 社会現象を巻き起こした“超大物”が遂に再誕!!

パチスロ「出玉率114.9%」6号機最高峰!「楽しさ無限大」の超大物が参戦!!

甘デジ「破格の大当り確率」!「連チャン」が見える遊びやすさで存在感を発揮!!

パチスロ新台『アカメが斬る!』などが既に好調。販社最大手「フィールズ」売上高61.9%減の減収も…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!