NEW

JRA「鞍上問題」勃発の悪夢再び!? 池添謙一「モチベーションがあがりません」…… 「大誤算」ジャパンC(G1)サートゥルナーリア回避にショック隠せず!

【この記事のキーワード】, ,

JRA「鞍上問題」勃発の悪夢再び!? 池添謙一「モチベーションがあがりません」…… 「大誤算」ジャパンC(G1)サートゥルナーリア回避にショック隠せず!の画像1

 8冠馬アーモンドアイと無敗の三冠馬2頭というドリームマッチが期待されている今年のジャパンCだが残念な知らせが入った。

 主戦のC.ルメール騎手がアーモンドアイに騎乗するため、池添謙一騎手と新たにコンビを組む予定だったサートゥルナーリアだが、脚部不安により回避することが23日、所属するキャロットクラブのHPにて発表された。

 幸い、歩様については問題がなく、ひとまずはノーザンファームしがらきへ放牧となるようだ。今後の経過次第で12月27日の有馬記念への出走が視野に入ると考えられている。

 この一報に大きなショックを受けたのが、ジャパンCでコンビを組む予定だった池添謙一騎手だ。

 初コンタクトとなった13日の追い切りに騎乗した際、好時計をマークしたパートナーを「ゆっくり走っていても跳びが大きくて、思った以上の時計が出る。背中がすごく柔らかくていい走り。雰囲気ありますね」と評し、「今回は歴史に残るレースになると思う。主役は三冠馬3頭だと思うけど、チャンスは十分」と大きな期待を寄せていた。

JRA「鞍上問題」勃発の悪夢再び!? 池添謙一「モチベーションがあがりません」…… 「大誤算」ジャパンC(G1)サートゥルナーリア回避にショック隠せず!の画像2

 寝耳に水の”悲報”だったこともあり、池添騎手は自身のTwitterにて「1週前ほんとに良くて、楽しみで仕方なかったのに」と回避を惜しみ、「昨日の今日で全くモチベーションがあがりませんが…週末までにはちゃんとします」とショックを隠せないながらも前を向いた。

 今秋、池添騎手にとっては残念なことが続いた。安田記念(G1)ではC.ルメール騎手がアーモンドアイに騎乗するため、高松宮記念(G1)からの”代打”を継続したグランアレグリアで大金星。最高の結果を出したこともあって、スプリンターズS(G1)で続投が期待されたものの、再びルメール騎手の手綱に戻ってしまった。

 そして、奇しくもまたルメール騎手の代打と考えられるサートゥルナーリアが回避したことにより、厳しい局面を迎えるかもしれない。

「同じくルメール騎手のお手馬であるフィエールマンが、すでに有馬記念への出走を表明しています。同馬は天皇賞・秋で福永祐一騎手とコンビを組みましたが、主戦のルメール騎手に戻ると見られています。

ですが、サートゥルナーリアも有馬記念に出走してくるようであれば、こちらに騎乗する可能性も出てきます。福永騎手はコントレイルの主戦騎手ですが、同馬がジャパンCに出走するため、有馬記念に参戦する可能性は低くなりました。

そうなると、フィエールマンは福永騎手続投でルメール騎手がサートゥルナーリアということも十分考えられるため、池添騎手の出番がなくなってしまうかもしれません」(競馬記者)

 G1勝利のチャンスがある馬と巡り会いながら、またしても騎乗することができなかった池添騎手にとっては一難去ってまた一難といえるだろう。

 昨年のマイルCSでは代打騎乗のインディチャンプで見事優勝するなど、大舞台での勝負強さには定評のある騎手だけに、有馬記念で再びサートゥルナーリアに騎乗できることを期待したい。

JRA「鞍上問題」勃発の悪夢再び!? 池添謙一「モチベーションがあがりません」…… 「大誤算」ジャパンC(G1)サートゥルナーリア回避にショック隠せず!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  8. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  9. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  10. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか