NEW

JRA関西の大物「アイツは伸びてくる」横山典弘にも怯まない若手が急成長!? 大穴連発に穴党大絶賛も…… 乗り越えるべき見えない敵とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA関西の大物「アイツは伸びてくる」横山典弘にも怯まない若手が急成長!? 大穴連発に穴党大絶賛も…… 乗り越えるべき見えない敵とはの画像1

 現在、関東で注目の若手といえば、23日現在で81勝を挙げる横山武史騎手が代表格だろう。ベテラン騎手を寄せ付けず、関東のリーディングトップを独走中である。その他にも35勝で11位の藤田菜七子騎手、32勝で12位の武藤雅騎手などの次代を担う若手騎手が活躍を見せている。

 そんな中、二桁人気馬で度々大穴を開け、穴党から絶大な支持を集めているのが秋山稔樹騎手だ。16勝で29位とはいえ、その存在感は際立っている。先週は勝ち鞍こそ挙げられなかったが、10番人気フェスティヴグッドや14番人気キタノスウォードなどの人気薄の馬を上位に持って来た。特にローカル競馬では人気薄を馬券内に持ってくることも多く、穴党からは熱視線を集めている。

 東京、阪神の2場開催で他の若手や中堅どころの騎乗機会が減る中、秋山稔騎手には3日間で14鞍の騎乗依頼が集まった。

「山田敬士騎手や藤田菜七子騎手が2キロ減になった事もありますが、3キロ減の騎手では1番人気のある売れっ子です。彼の特徴は何と言っても積極性ですね。他の騎手だとキャリアのない新馬は競馬を教える意味や気性の若さを恐れて無難に乗りがちです。

でも秋山稔騎手はテンから仕掛けてポジションを取りに行って、最後までビッシリ追ってくれるんですよ。あの姿勢が調教師にウケがいいんです」(某トラックマン)

JRA関西の大物「アイツは伸びてくる」横山典弘にも怯まない若手が急成長!? 大穴連発に穴党大絶賛も…… 乗り越えるべき見えない敵とはの画像2

 デビューしてしばらくは自厩舎や手伝っている厩舎の関係もあって厳しい馬質だったが、夏の北海道で持ち前のガッツが関西の関係者の目に留まって依頼が増え始めたようだ。熱烈指導をしたといわれる関西の大ベテラン岩田康誠騎手も「アイツは競馬に対する姿勢がいいし、根性もあるので伸びてくると思う」と素質を高く評価していた。

「積極性は勿論、彼は差し馬でも慌てず脚を溜めたりするのも上手。道中は極力ロスなく運んで直線で外へ出したり、好位のインから内を突いて捌いたりと新人らしからぬ競馬もしています。12月からは若手が集中する中京で乗る予定ですが、今以上に目立った競馬を見せてくれることでしょう」(競馬記者)

 今後の活躍が楽しみな秋山稔騎手だが、その一方で今後を心配する声もちらほら聞かれた。

 関係者の話では、関西気質の性格で人によっては生意気と映るようだ。受け答えも1年目らしからぬ感じできっぱりと言い切るため、そういった印象を与えてしまうのかもしれない。

 だが、そういう性格でないとこの世界では上に行けないことも確かである。本人も「競馬では先輩も後輩もありませんから。先輩に気を遣って控えたり、進路を譲るような事はしません。依頼された先生や馬の特徴を活かす事を考えています」と以前から言っていたらしい。

JRA関西の大物「アイツは伸びてくる」横山典弘にも怯まない若手が急成長!? 大穴連発に穴党大絶賛も…… 乗り越えるべき見えない敵とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  3. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  4. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  5. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  6. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  7. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  8. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  9. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  10. JRA「これ以上ない適任」陣営からもお墨付きの鞍上が最適解!「急造」コンビがオークス2着馬“長女”で満点回答の裏事情