NEW

超体感型パチンコ「約87%ループ」を味わえる!「待望の融合」がもたらした“夢のひととき”!!

【この記事のキーワード】

,

超体感型パチンコ「約87%ループ」を味わえる!「待望の融合」がもたらした夢のひととき!!の画像1

 インターネットはその魔法によって距離をなくした。地球上のどれだけ離れた場所にいる人とも、まるで隣にいるかのようにアクセスでき、コミュニケーションを図れるし、コロナ禍のいまとなっては、各種の「ライブ」すら家で体験できるのである。

 このように、技術は別のリアルを作り出し、新たな体感を人類にもたらす。パチンコでいえば、役物の疑似体験で、実際には搭載されていない役物をあたかもそこにあるかのように楽しむことができるのである。

 エース電研の『CR有閑倶楽部』ではギミックビジョンとして液晶内にCGのギミック演出を展開されるような演出方法もあったが、『CRカイジ沼』や『CRさくらももこ劇場コジコジ2』、『Pフィーバー機動戦士ガンダム逆襲のシャア』で展開される液晶上で役物機の興奮を再現するような演出がよく目にする疑似体験の技法であろう。

 この役物をデジタルで楽しめる系の最高峰が『P V王Legend』である。西陣が誇る羽根物の名機がリーチ演出で登場。それぞれの羽根物がV入賞すれば大当りとなる激アツのおっさんキラーマシンとなっている。

 そのラインナップは『ダービーキング』『おジョーズランド』『もちあげ隊』『オメデタブラザーズ』『メガホールド』『タコラーズ』『カッパブギ』『火の玉ボーイ』と往年の名機が勢揃い。これとは別に発展すれば大当り濃厚となるプレミアムレジェンド機種も用意されている。

 実機をもちいた実写映像のリアルな玉の動きにテンションマックスとなること請け合いだが、ハズレ後に発生する「巻き戻し演出」や玉が2個入賞したり金色に変化するデジタルならではのチャンスアップ演出も加えられているので、ドキドキ感がさらに増幅されるのである。

 本機の役物機、アナログマシンに対するリスペクトと情熱はこれだけに留まらない。なんと通常時の演出にも新規ゲーム性を持つ役物によって展開される、一般的なデジタルアクションとは一線を画すものとなっている。

 まず図柄がテンパイするとスタートチャッカーのある盤面ステージに移行し、上から放出された玉がSTARTに入賞すると次のステップに進むSP発展の仕方となっている。

 次の「第1関門」では突起が組み込まれた回転体をくぐり抜けステージ手前で左右に可動する赤ポケットへ、「第2関門」は6つ穴の円盤型回転に用意された赤穴に、それぞれ入賞すれば関門クリアとなる。

 演出が風変わりならスペックもユニークで、確変突入率がヘソで50%、電チュー100%となる回数104回のV-STではありながら、初回確変時でも電サポが70回しか付与されず、電サポで1回当てないとマックスで電サポを受けられない変則突破型となっているのである。

 その分、ST100回となる「V-RUSH」の継続率は約87%のハイパー連チャン性能であり、メインとなる約400発の出玉を連撃で増やすタイプのスペックとなっている。

 もはやホールではもちろん、ゲームセンターや中古台の家打ちといった場所でも打つことができない機種も、本機ではリアルな感情を伴って体感できるのである。この『P V王Legend』が嚆矢となって、各メーカーの役物機も液晶上でもいいので味わえるムーブメントがこないものであろうかと密かに願っている。

(文=大森町男)

【注目記事】

パチンコ「52連60000発」報告も!? 「2万発」量産スペックに続き…「常識は崩壊する」と宣言の“大物新台”に刮目せよ!!

パチスロ新台『6.1号機・北斗の拳』最新情報!「100%直AT」「ベース約35.8G」など特徴が判明!!

パチスロ期限切れ『ゴッド凱旋』で今後も増える可能性!?「誓約確認機関」通報は347件 

パチンコ「13万発」の衝撃が蘇る!? 「典型的な負け組」が至高の爆裂マシン攻略へ挑む!!

超体感型パチンコ「約87%ループ」を味わえる!「待望の融合」がもたらした“夢のひととき”!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!