NEW

パチスロ『6号機ジャグラー』間もなく降臨!「555」に関連する「激アツ情報」も話題!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ『6号機ジャグラー』間もなく降臨!「555」に関連する「激アツ情報」も話題!!の画像1

 導入時の注目は高いものの、大半の6号機が短命で終わっている印象。そのような状況で、大都技研のグループ企業「サボハニ」が手掛けた『吉宗3』は好稼働をキープし希望を与えた。

 偉大なる初代を踏襲したゲーム性など、本機の仕上がりを称賛する声は多数存在。低迷する6号機市場の起爆剤となってくれそうな気配だ。

 新機種の『アカメが斬る』や『パチスロ 七つの大罪』『パチスロ 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD GOLD』、も好調。パチンコサイト「パチビー」の全国稼働ランキングの上位に入る(25日時点)など、『吉宗3』に続く活躍も期待されている。

 さらには業界を代表する超大物『北斗の拳』シリーズも始動。『パチスロ北斗の拳 宿命』の製品サイトが公開され熱視線を浴びている。

 スペシャルムービーでは「100%直AT」「ストレートAT」「ベース約35.8G」といった興味深い文言を紹介。徐々に明らかになってきた「6.1号機・北斗の拳」に対する反響は大きくなっている状況だ。

 今後の動向が気になるところだが、にわかに盛り上がり始めているボーナスタイプへ注目するユーザーも確実に増えている。

 大ヒットを果たしたという印象は薄い本分野だが、今後の豪華ラインナップに期待の声が浮上中だ。

 パイオニアは『ハナハナ』シリーズ初の6号機『ニューハナハナゴールド』を発表。5号機とは変わらぬ打感を実現した仕上がりを評価する関係者は多い。

 SANYOは看板機種『海物語』を完全告知マシンのボーナスタイプで投入予定だ。『S Lucky海物語』は、ビッグが6号機最高峰の約260枚を実現。シリーズの魅力を活かした演出も搭載するなど、ファン必見の要素は満載だ。

 両機ともにボーナスタイプ市場を盛り上げてくれそうだが、“救世主”としての期待が大きいのは北電子が誇る国民的パチスロ『ジャグラー』シリーズだろう。6号機『アイムジャグラーEX』が、12月にデビューを果たす。

パチスロ『6号機ジャグラー』間もなく降臨!「555」に関連する「激アツ情報」も話題!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!