NEW

木村拓哉、またもや完全敗北?ライバル・福山雅治にも「さすがに老けた」「主演作なのに視聴率が低すぎ」と飛び火…

【この記事のキーワード】

,

木村拓哉、またもや完全敗北?ライバル・福山雅治にも「さすがに老けた」「主演作なのに視聴率が低すぎ」と飛び火…の画像1


 今年の新春SPドラマ『教場』(フジテレビ系)の第2弾が来年1月に放送予定、さらに女優の長澤まさみがヒロインを務めた2019年公開の映画『マスカレード・ホテル』の続編が決定するなど、かつての勢いを取り戻した“キムタク”こと俳優の木村拓哉。出演するほぼ全ての作品で高視聴率を叩き出す一方、毎年恒例の『なりたい顔ランキング』では苦戦を強いられているようだ。

「今年で第12回目となる『男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』(ORICON NEWS)ですが、そのランキングで木村は“TOP10圏外”だったんです。

一方、木村と同じく平成の“モテ男”として人気を争った竹野内豊は2年ぶりに首位へ返り咲き。学年的に木村の2個上で現在49歳の竹野内ですが、令和時代でも存在感は健在のようですね」(芸能誌ライター)

 15年は1位を獲得したものの、翌年から5位、6位、9位、そして圏外と、年を追うごとに順位を下げているキムタク。ライバル的存在であろう竹野内と比較すれば、7月にウェブサイト「週刊女性PRIME」が発表した男性芸能人「抱かれたい男&癒されたい男」の年代別部門でも首位を譲るなど、ファン投票によるランキングに関しては竹野内に軍配が上がる状況だ。

「6月に『文春オンライン』が発表した恒例のアンケート企画『嫌いな俳優ランキング』では、6連覇達成という屈辱的な記録を打ち立ててしまうなど、何かとネガティブな話題が尽きない木村。出演作のヒットが続いている以上、固定ファンがいることは確かでしょうが、それに比例してアンチも多いのでしょう。

そんなキムタクとよく比較されがちで、『なりたい顔ランキング』で殿堂入りを果たした歌手の福山雅治も、ここ近年は『さすがに老けた』『主演作なのに視聴率が低すぎる』など辛辣なコメントも目立つようになってきました。平成のイケメン俳優でも年齢には抗えないということでしょうか……」(エンタメ誌記者)

 とはいえ、竹野内も来年1月で50歳。キムタク&福山との明確な違いは、今なお「独身」という点だが、こうしたプライベート事情がランキングに反映されているとすれば、今後も竹野内がトップに君臨し続けるに違いない。

木村拓哉、またもや完全敗北?ライバル・福山雅治にも「さすがに老けた」「主演作なのに視聴率が低すぎ」と飛び火…のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!