NEW

JRA矢作芳人調教師「馬場のことは、いつも棟広に聞いているぐらいだから」ジャパンC(G1)にコントレイルを出走させる名伯楽も信頼!『KEIBAコンシェルジュ』棟広良隆氏【特別インタビュー】

【この記事のキーワード】

,

JRA矢作芳人調教師「馬場のことは、いつも棟広に聞いているぐらいだから」ジャパンC(G1)にコントレイルを出走させる名伯楽も信頼!『KEIBAコンシェルジュ』棟広良隆氏【特別インタビュー】
『KEIBAコンシェルジュ』で活躍中の棟広良隆氏

現在、競馬予想において当たり前となった、馬場の「重い」「軽い」という概念。それを最重点に置いた予想を展開し、日本に広めた予想家といえば棟広良隆氏だろう。

今ではグリーンチャンネルの『KEIBAコンシェルジュ』という番組に出演し、競馬ファンにもスッカリおなじみ。最近では自身のYouTubeチャンネル『棟広良隆の競馬チャンネル』も開設している。

ジャパンC(G1)にコントレイルを出走させる、矢作芳人調教師とも「友達」だという幅広い交友関係を持つ棟広氏。筆者とも以前から交流があり、今回のインタビューはラフな雰囲気で行われた。

三冠馬3頭が揃う「空前絶後」のジャパンCを直前に控えた今回。それらの見解も含めインタビューしたので、是非ご一読願いたい。

――まずは、コロナ禍という難しい状況の中でインタビューを受けていただき、ありがとうございます!

棟広良隆氏(以下、棟広氏) 世の中的にはコロナの影響を大きく受けてるけど、競馬界に関しては香港遠征を予定してた多くの馬がジャパンCに回ってきたわけやん。コロナ禍の中でも、これだけの盛り上がりを見せてるっていうのは素直に喜びたいところやな。

――確かに、日本の競馬は盛り上がりますよね!

棟広氏 三冠馬3頭が一つのG1に出て、その内2頭がこれまで一度も負けてないなんてとんでもないことやで。今後、俺らが生きてる中で、(二度と)こんな凄いレースが見られるかも分からへんしな。

――棟広さんといえば、ジャパンCに出走する三冠馬の1頭、コントレイルを出走させる矢作芳人調教師と交流がありますよね。最初はどうやって知り合ったんですか?

棟広氏 グリーンチャンネル(ケイバどーも!)に出演してる乗峯栄一さんと先に知り合っててな。ある日一緒に京都競馬場行った帰りに、「今日、この後の飲みに(調教)助手誘ってるから一緒に行こう」って言われて行ったら、それが矢作調教助手(当時菅谷厩舎所属)やってん。その時からの親交があるから、お互いの立場が当時と全く替わっても、矢作さんは今でも俺のこと友達やって言ってくれるわ。これはほんと嬉しいことやわ。恐れ多いわ。昔書いた本(工学的穴馬券入門)にも「馬場のことは、いつも棟広に聞いているぐらいだから」って帯に書いてもらってるしな。他の調教師のことを「先生」って呼ぶことはあるけど、当時からの流れで「矢作先生」って呼んだことは一度もないなぁ。でも、これは尊敬してないって意味では決してないから、それは間違えないように(笑)。むしろ、めちゃくちゃ尊敬してる。いや、尊敬しかしてないわ!

JRA矢作芳人調教師「馬場のことは、いつも棟広に聞いているぐらいだから」ジャパンC(G1)にコントレイルを出走させる名伯楽も信頼!『KEIBAコンシェルジュ』棟広良隆氏【特別インタビュー】のページです。GJは、インタビュー、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!