NEW

パチンコ界で蔓延る「突破型」問題を斬る!「突破ハラスメント」を打ち破れ!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ界で蔓延る「突破型」問題を斬る!「突破ハラスメント」を打ち破れ!!の画像1

 インターネットを媒介とした高度な情報化社会は実に多様な世界を生み出した。その一方で、社会がさまざまに分割されると価値観や道徳観も多岐にわたり、それぞれの立場ごとの分断や軋轢を生じさせるような状況にも繋がったのである。

 この現象を如実に物語る最たる例が「ハラスメント」である。これまで「セクハラ」くらいしか存在しなかった「ハラスメント」は、パワハラ、モラハラにはじまり、ソーシャルハラスメント、ジェンダーハラスメントといった社会通念から、アルコールハラスメント、スモークハラスメント、カラオケハラスメントといった行動様式までに及ぶ。

 しまいには香水などの匂いによる不快行為(スメルハラスメント)や周りを気にせずエアコンの温度を下げるエアーハラスメントなど、重箱の隅をつつくようなハラスメントが次々に誕生している。

 このハラスメントの流れは、残念ながらパチンコ業界にも浸透しているのである。

 規則や内規によって抑制されたスペックでも、どうにかして打ち手が満足いく出玉を供給できるように知恵を絞り、さまざまな方法を生み出してきたパチンコ界隈。そのひとつの答えが「突破型」である。

 基本的には、まとまった出玉を得られるまでに制限を設け、その分を出玉に上乗せしようという発想だが、そのアプローチは多種多様である。しかし、「50%を引き当てる」「最低2回は大当りさせる必要がある」と当り前のように前提条件が加わった現在のパチンコは、ある種の「いやがらせ」ではないだろうか。

「出玉ほしいんだろ? だったら2回は当てろよ」
「2回に1回は連チャンモードに行くんだぞ? できないのはお前が悪い」

 そういった態度でプレイヤーに迫ってくるのである。これは明確にハラスメントと感じてしまう。「突破ハラスメント」、略して突ハラ。これは由々しき問題である。

 一言で「突破型」といっても、タイプを分ければ大きく4つ。まずはシンプルなV確方式。初当りの何割かで連チャンモードに移行し、右打ち中はその比率が飛躍的にアップする仕組みである。

 次は時短突破型。初当りでの連チャンモード突入はほぼノーチャンスとなり、その後に付与される電サポモードでの引き戻しを目指すゲーム性。

 3つめは今流行りの1種2種混合機によるチャレンジ型。時短突破型と本質的には一緒だが、大当り確率が変動する、基本的に数回分の抽選など、ゲーム性に違いがある。

パチンコ界で蔓延る「突破型」問題を斬る!「突破ハラスメント」を打ち破れ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!