NEW

JRA武豊「空気を読めない男と言われたい」ジャパンC(G1)ワールドプレミアで大金星狙うも不吉なデータ……。30年ぶりの「屈辱」再びの危機も

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「空気を読めない男と言われたい」ジャパンC(G1)ワールドプレミアで大金星狙うも不吉なデータ……。30年ぶりの「屈辱」再びの危機もの画像1

 スーパースターはヒールになりきることが出来るのだろうか……。

 29日、東京競馬場で第40回ジャパンC(G1)が行われる。「世界に通用する馬づくり」をコンセプトに創設された日本初の国際レースも節目の年を迎えることになった。

 今年は3冠馬が3頭出走するドリームレースとして行われ、その名に恥じないレースとなりそうだ。最強馬はアーモンドアイか、コントレイル、それともデアリングタクトか。多くのファンがその答えを楽しみにしていることだろう。

 だが、レースをするのは3頭だけでなく、他にも5頭のG1馬をはじめとした豪華メンバーが出走することを忘れてはならない。

 その中でも、ワールドプレミア(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は不気味な存在だ。

 昨年の有馬記念(G1)以来、11か月ぶりのレースとなるワールドプレミア。これまでの成績は[3-1-3-0]とすべて馬券圏内の安定した走りをしている。出走馬の中で複勝率100%を誇るのは、コントレイルとデアリングタクト、そしてワールドプレミアの3頭だけ。「3強」に人気が集中することを考えれば、人気薄となる今回は狙い目かもしれない。

JRA武豊「空気を読めない男と言われたい」ジャパンC(G1)ワールドプレミアで大金星狙うも不吉なデータ……。30年ぶりの「屈辱」再びの危機もの画像2

 そんなワールドプレミアの手綱を取るのは、JRA通算4000勝を超えるレジェンド・武豊騎手だ。

 武豊騎手は自身のホームページの日記に「今回の立場はその他大勢のなかの1頭でしょうか。でも、こんなときほど『空気を読めない男』と言われたいもの」と綴った。あくまで主役は3頭の3冠馬としながらも、大波乱を起こす気満々の様子だ。

 たしかに、圧倒的な人気を集めるであろう3頭から大金星を挙げれば、空気を読めないと言われても仕方ないかもしれない。だが、競馬は真剣勝負のため、このような結果となっても何ら不思議ではない。

 ただ、武豊騎手にとって不安なデータがあることは見逃せない。

JRA武豊「空気を読めない男と言われたい」ジャパンC(G1)ワールドプレミアで大金星狙うも不吉なデータ……。30年ぶりの「屈辱」再びの危機ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!