NEW

JRA元ジョッキー・安藤勝己氏「いやいや」とジャパンC(G1)三強対決を即否定! 3歳三冠馬に「真逆」の見解!? 自身が乗りたいのは……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA元ジョッキー・安藤勝己氏「いやいや」とジャパンC(G1)三強対決を即否定! 3歳三冠馬に「真逆」の見解!? 自身が乗りたいのは……の画像1

 29日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)について、元JRAジョッキー・安藤勝己氏が自身のYouTubeチャンネル「アンカッちゃんねる」で見解を述べた。

 今回のジャパンCについては「まずこんなのが集まるっていうことは、これから先ないんじゃないかな」と、メンバーの印象を語った安藤氏。「すごく楽しみです」と、一競馬ファンとしての意見を述べた。

 今年のジャパンCは、2018年の牝馬三冠馬で後に芝G1・8勝の快挙を成し遂げたアーモンドアイが出走。それに加え、今年の牡馬・牝馬クラシックそれぞれで、無敗の三冠を達成したコントレイルとデアリングタクトも参戦する。

 アーモンドアイについて、過去最高のパフォーマンスを問われた安藤氏は、一昨年のジャパンCと回答。前走の天皇賞・秋(G1)に関しても、ぶっつけだったことを挙げ「十には仕上がってないっすよ」と今回への上積みがあるという見解を示した。

JRA元ジョッキー・安藤勝己氏「いやいや」とジャパンC(G1)三強対決を即否定! 3歳三冠馬に「真逆」の見解!? 自身が乗りたいのは……の画像2

 今年の牡馬三冠コントレイルに関しては、完成度の高さを強調。レースセンスの良さとディープインパクト産駒らしい「軽さ」をストロングポイントとして挙げた。

 三冠レースで最も苦しめられたといっても過言ではない菊花賞(G1)については、ベストの距離ではなかったとし「ずっとやっぱりねえ、ルメールにプレッシャーをかけられてて……」と話した安藤氏。引っ掛かってはいなかったものの、気を使って走っていたという印象を持ったようだ。

 また、不安材料として「雨」というワードもでたコントレイルだが、週末の東京競馬場は雨が降らない予報。「軽さ」が強みという見解からは、良馬場は歓迎だろう。

 牝馬三冠を達成したデアリングタクト。こちらに関しては「追ってからもう一回伸びるっていうのが、すごくいいとこですね」とストロングポイントを分析した。

 また、例年より時計がかかる今年の馬場について問われると「どちらかというと、力のいる馬場の方が合うのかもしれないな……」とコントレイルとは逆ともとれる見解。適性距離を聞かれると「馬場が悪かったせいもあるかもしれないけど……」としながらも「今のとこマイルぐらいがいいのかなあって気がしますけどねえ」と回答した。

 三者三様の三冠馬が激突するジャパンC。毎回恒例となっている「どの馬に乗ってもいいから勝ってくれと言われたら」の質問に対しては、アーモンドアイを指名した。

「レースの上手さといい、不安な点もないですからね」と安藤氏。「完成度で言ったらアーモンドアイがまだ一枚上かなぁって気がしますけどね」と見解を述べた。

 また、三冠馬3頭で決まるかという質問には「いやいや」と即否定。「なかなか3頭で1着から3着まで来るってことは少ないんで……」との持論を展開した。

 コントレイルとデアリングタクトに対して「逆」ともとれる見解を示している安藤氏。それだけに、馬場や展開によっては、どちらかが沈むという想定なのかもしれない。

 この辺りの適性差が、レースにどのような影響を及ぼすのかは見物。安藤氏の意見を参考にしてみてはいかがだろうか。

JRA元ジョッキー・安藤勝己氏「いやいや」とジャパンC(G1)三強対決を即否定! 3歳三冠馬に「真逆」の見解!? 自身が乗りたいのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!