NEW

パチスロ「設定1でも勝てる」再来に期待の声も…激アツ分野に「カプコン×ユニバーサル」の強力タッグ第一弾が“本物の驚喜”を!!

 パチスロ分野をゲーム版権が大いに盛り上げてくれそうだ。

 現在ホールでは、大ヒットゲーム『モンスターハンター』シリーズの最新作『パチスロ モンスターハンター:ワールドTM』が絶賛稼働中。原作の持ち味であるハンティングアクション要素が随所に盛り込まれた仕様で好評を得ている。

 通常時・AT共にモンスター討伐を目指すゲーム性。コンセプトである「ずっと狩り」を楽しめる仕上がりだ。BB「モンスターハンター:ワールド」は1G純増約3.0枚のATで、集中攻撃ができる「フォーメーションラッシュ」突入が出玉の鍵を握っている。

 中には「終日6000枚」達成の報告もあった本機。原作を忠実に再現したゲーム性と出玉性能によって、一部のファンからは絶大な支持を得ている状況だ。

 ゲーム版権の大型新台といえば、12月に『パチスロひぐらしのなく頃に祭2』が登場予定。「設定1でも勝てる」と評判だった前作のゲーム性を踏襲しており、「目押し」による技術介入も健在だ。

 更に本機には前作を上回る「5大進化ポイント」が存在。特筆すべきは「運命分岐モード」から突入する「完走型RT」が、シリーズ初となる「完走型ART」にパワーアップしている点だ。目押しの重要性がより一層高まっているといえるだろう。

 そして、新機能である「カケラ紡ぎカケラ回想」にも要注目。運命分岐モードでの転落回避率をアップさせる「回避ナビポイント」が技術介入で獲得できる仕様だ。ポイント100%でART突入が確定となる。

 更にはお馴染みのリール制御も継承・進化しており、狙うリール位置によって「ひぐらし打ち」と「うみねこ打ち」の両方を楽しめる仕上がりだ。

 他にも前作以上の興奮をもたらす「巨大綿流し祭」ランプや、衝撃と感動を与えるインパクト十分の「フラッシュアイ(レナVer.)」ギミックなど注目要素が満載となっている。

 原作ファンはもとより、技術介入機を好むプレイヤーも唸る仕上がりに期待がかかる『パチスロひぐらしのなく頃に祭2』。登場を待ち望んでいるユーザーも多いだろうが…。

 パチスロ分野のゲーム版権ムーブメントはこれだけではない。エンターライズが新台『パチスロ BIOHAZARD 7 resident evil』(製造元:アデリオン)の特設サイトおよびティザームービーを公開したのだ。

『バイオハザード』といえば、全世界でシリーズ累計1億500万本以上を売り上げている超人気ゲーム。パチンコ・パチスロ化されてから数多くのユーザーを楽しませてきた人気タイアップ機だ。その最新作である本機の仕上がりに期待しているユーザーも多いだろう。

 特設サイトでは「すべては“本物の驚喜”のために。」という期待感が高まるキャッチコピーを確認。更にムービーでは筐体やパネルが紹介されているほか、「+30」が画面いっぱいに広がり合計「810」となる衝撃的な演出も映し出されている。

「前作の『パチスロ バイオハザード リベレーションズ』は、原作を活かした演出やゲーム自体は好評でした。ただ、設定6でも機械割が109.8%という点をネックと捉え、敬遠していたユーザーが多かった印象です。

無論、今回は『カプコン×ユニバーサル』という各分野を牽引する2大企業がタッグを組んだ第一弾のマシンですから、前作とは全く別物と考えていいでしょう。”本物の驚喜”を体現したスペックが、旋風を巻き起こすかもしれません。続報に期待しましょう」(パチスロ記者)

『パチスロ BIOHAZARD 7 resident evil』が驚きと喜びをもたらすのか。今後の動向に注目だ。

【注目記事】

パチンコ「出玉&スピード特化」の「約91%継続」マシン!! 話題の“超大物”が革命をもたらす!?

パチスロ高稼働『吉宗3』の次は「一気大量上乗せ」マシンの続編!? ヒットメーカーの「激アツ情報」に興奮!!

パチンコ「一撃9万発」級に続く力作!? 「胸躍る強力RUSH」導入前の “激アツ情報”!!

パチスロ「設定1でも勝てる」再来に期待の声も…激アツ分野に「カプコン×ユニバーサル」の強力タッグ第一弾が“本物の驚喜”を!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!