NEW

JRAジャパンC(G1)大波乱の可能性!? 土曜競馬・芝2400mで○○勢が上位独占! アーモンドアイ・デアリングタクト・コントレイル「三強」3頭に大きな不安

【この記事のキーワード】

,

JRAジャパンC(G1)大波乱の可能性!? 土曜競馬・芝2400mで○○勢が上位独占! アーモンドアイ・デアリングタクト・コントレイル「三強」3頭に大きな不安の画像1

 28日、ジャパンC(G1)を翌日に控え、東京競馬7Rで芝2400m戦が行われた。

 勝利したのは1番人気のコトブキテティス。2、3着には5番人気、7番人気が入り中波乱となった。

 29日のジャパンCも東京競馬場の芝2400mで行われるだけに、どのような馬が来るのかという意味では注目されたレース。そして、その傾向は顕著なまでに現れたといっても良いのかもしれない。

1着 7枠10番 コトブキテティス(1番人気)
2着 7枠9番 カイザースクルーン(5番人気)
3着 8枠12番 アイブランコ(7番人気)
4着 8枠11番 ミッキーパンチ(2番人気)
―――――――――――――――――――――
5着 5枠5番 ナミブ(3番人気)
6着 6枠7番 アスティ(11番人気)
7着 6枠8番 セツメンノトビウオ(6番人気)
8着 5枠6番 ネオストーリー(9番人気)
―――――――――――――――――――――
9着 3枠3番 エレベル(4番人気)
10着 2枠2番 トランスポーター(8番人気)
11着 1枠1番 ジューンバラード(10番人気)
12着 4枠4番 ハギノアグレッシブ(12番人気)

 内枠有利のジャパンCの傾向とは真逆ともいえる、外枠勢での決着となったのだ。3分割にしても、上位4頭が全て外枠。続いての4頭が中枠、下位から4頭が内枠と枠順の優劣がクッキリ別れた格好だ。

 レースは12頭立て。4枠4番のハギノアグレッシブがハナを奪う展開となった。

 それを追いかけて6枠8番のセツメンノトビウオ。外枠勢は、枠なりに外々を追走する形となった。

 向こう正面で最内を通ったのは前から、4番、3番、5番、2番、1番の順。着順と見比べてみると分かるが、4頭が9着から12着と惨敗で、唯一健闘した5番ナミブは3番人気であった。

 最後の直線で横に広がった際は、内から4番、3番、1番、8番、5番という順。こちらも内にいた馬は全て馬券圏内を外しているのがわかるだろう。

 29日のジャパンCは15頭立て。内から1/3の5頭の中には1番カレンブーケドール、2番アーモンドアイ、3番ワールドプレミア、4番キセキ、5番デアリングタクトと、比較的上位の人気馬が揃っている。

 一方、外から1/3の5頭は11番クレッシェンドラヴ、12番マカヒキ、13番ユーキャンスマイル、14番ヨシオ、15番グローリーヴェイズと、比較的人気のない馬が集まっている。

 2番アーモンドアイ、5番デアリングタクト、6番コントレイルと、「三強対決」が期待されるジャパンC。全馬内目の枠に入っているだけに、もしかすると大波乱となる可能性も残されているのかもしれない。

JRAジャパンC(G1)大波乱の可能性!? 土曜競馬・芝2400mで○○勢が上位独占! アーモンドアイ・デアリングタクト・コントレイル「三強」3頭に大きな不安のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!