NEW

JRAディープインパクト産駒「良血馬」がまたもや2着……金子真人氏「2歳最高額」2戦連続の単勝1倍台もキレない脚は「兄譲り」!?

【この記事のキーワード】

,

JRAディープインパクト産駒「良血馬」がまたもや2着……金子真人氏「2歳最高額」2戦連続の単勝1倍台もキレない脚は「兄譲り」!?の画像1

 28日、東京競馬3Rの未勝利戦(芝1800m)は、2番人気のバジオウが優勝。1番人気で2着となったシテフローラル(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)に3馬身差をつけて快勝した。

 バジオウは母フローレスダンサーで、その母がダンスインザムードという血統馬。父にはサンデーサイレンスの血を持たないルーラーシップを配し、セレクトセールでも6264万円(税込み)と高額で取引された馬である。

 しかし、それ以上に高額で取引されたのが2着だったシテフローラル。2019年のセレクトセールで、1歳馬4番目の高額となる2億8080万円(税込み)で取引された。

 こちらはサトノクラウンの半弟で、父ディープインパクトとデビュー前から大きな注目を集めていた馬。デビュー戦で2着と敗れ、ここは1.5倍と断然人気に推されていた。

 レースは14頭立て。好スタートを切ったバジオウに対し、シテフローラルは出遅れて後方からの競馬となった。バジオウは8枠13番という枠なりに外目を追走。シテフローラルは出遅れを挽回し、中団馬群の中を進んだ。

 4コーナーを回って、バジオウの後ろをピッタリとマークするシテフローラル。しかし、バジオウが追い出しを開始すると、その差は一気に広がった。

 直線最後はシテフローラルも盛り返したが、その差はなかなか縮まらず。2戦連続で1倍台の人気を裏切る形となった。

JRAディープインパクト産駒「良血馬」がまたもや2着……金子真人氏「2歳最高額」2戦連続の単勝1倍台もキレない脚は「兄譲り」!?の画像2

 シテフローラルに騎乗したC.ルメール騎手が「スタートは遅かったですが、そのあとは終始冷静に走れました。ただ、エンジンのかかりが少し遅かったですね」と話したように、最後の直線はジリジリとした伸び。

「デビュー戦もそうでしたが、いい伸びは見せてるんですけどね……。兄のサトノクラウンは重馬場が得意で、それほどキレるという印象ではありませんでした。本馬も父が替わりましたが、一瞬の脚が使えない感じなのかもしれませんね。ルメール騎手も『2000mでも大丈夫』って話していましたし、距離はもっとあった方がいいのかもしれません。

今回の走りからはクラスが上がって良さそうなタイプですし、オーナーは本馬の父ディープインパクトと同じ金子真人氏。この血統ですし、来年のクラシック戦線には乗ってくるのではないでしょうか」(競馬記者)

 勝ち切れない競馬が続いているが、2戦ともに末脚は最後まで止まっていない印象。半兄サトノクラウンという血統からも今後の活躍に期待したい。

JRAディープインパクト産駒「良血馬」がまたもや2着……金子真人氏「2歳最高額」2戦連続の単勝1倍台もキレない脚は「兄譲り」!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!