NEW

JRAジャパンC(G1)川田将雅「痛恨のムチ1発」で歴史的“下克上”スルリ……グローリーヴェイズ「勝ちに行った分、この着順」“あわや”5着好走も悔い

【この記事のキーワード】

,

JRAジャパンC(G1)川田将雅「痛恨のムチ1発」で歴史的下克上スルリ……グローリーヴェイズ「勝ちに行った分、この着順」あわや5着好走も悔いの画像1

 29日、世界が注目したジャパンC(G1)は競馬史に残る好レースとなった。

 先頭でゴールを駆け抜けたのは、女王アーモンドアイ。無敗の3冠馬2頭の挑戦を難なく退け、名実ともに「最強馬」のまま、充実の競走馬生活を全うした。

 2~3着を確保したのはコントレイルとデアリングタクトの3歳馬。世紀の大一番は、終わってみれば3強で決まる順当な結果だった。

 そして、3強以外で見せ場を作った1頭が、単勝4番人気に支持されたグローリーヴェイズ(牡5歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。

 結果は2着コントレイルから「クビ+ハナ+クビ」差の5着。鞍上の川田将雅騎手は、キセキが作り出した超ハイペースのなか、4コーナー2番手という積極的な競馬を見せた。結果的に際どい5着に敗れたが、最善を尽くした好騎乗だったのではないだろうか。

 元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のTwitterで「グローリーヴェイズは位置取って勝負かけたけどね。今回は相手が悪すぎた印象」と、鞍上の川田騎手の作戦に賛辞を送っている。SNSなどでも、多くのファンから「最高の騎乗だった」と称賛の声が見られた。

 だが一方で、一部のファンからは、その騎乗に疑問の声も上がっている。

 幾つか紹介すると、「何故か大外枠なのに最後は内に?」、「大外引いたのになんで直線内を……」など、川田騎手の道中の進路取りに不満を感じたファンが一定数いたようだ。

「確かに、最後の直線でグローリーヴェイズが内に切り込むシーンが見られましたが、残り400mを切ったところで川田騎手が振るった右ムチが誤算でした。あの1発で馬が内にヨレてしまい、結果的に馬場が悪い内を走ることになってしまいました。川田騎手も必死に立て直していたんですが、際どい勝負だっただけに悔やまれますね」(競馬記者)

JRAジャパンC(G1)川田将雅「痛恨のムチ1発」で歴史的下克上スルリ……グローリーヴェイズ「勝ちに行った分、この着順」あわや5着好走も悔いの画像2

 気になる川田騎手はレース後「良い位置でスムーズに走れました。具合が良くて、しっかりと頑張り切る中、勝ちに行った分、この着順ですが、G1馬である能力は出せたと思います」とコメントを残している。

 結果論にはなってしまうが、2着コントレイルとの差を考えると、直線で内にもたれてしまったことが仇となったのは間違いない。競馬にタラレバは禁物だが、もしグローリーヴェイズが真っすぐに走ることができていれば、3強の一角を崩していたかもしれない。

JRAジャパンC(G1)川田将雅「痛恨のムチ1発」で歴史的“下克上”スルリ……グローリーヴェイズ「勝ちに行った分、この着順」“あわや”5着好走も悔いのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!