NEW

JRAジャパンC(G1)魅せたキセキ「超大逃げ」独り旅! 世紀の三強対決に抜群の存在感…… ファン大絶賛も浜中俊は「衝撃」のコメント

【この記事のキーワード】

,

JRAジャパンC(G1)魅せたキセキ「超大逃げ」独り旅! 世紀の三強対決に抜群の存在感…… ファン大絶賛も浜中俊は「衝撃」のコメントの画像1

 29日、東京競馬場で行われたジャパンC(G1)は、C.ルメール騎手の1番人気アーモンドアイが優勝した。

 史上類を見ない8冠馬VS無敗三冠馬2頭による対決を制し、自身の芝G1最多8勝をさらに更新する9勝目を挙げたアーモンドアイ。引退レースとなった府中の舞台で有終の美を飾った。

 3着以内に三強3頭が入るという最強を決めるに相応しいレースとなった。三冠馬2頭の返り討ちに成功したことで、名実ともに最強馬の名を確たるものへ昇華させた一戦だったといえる。

 競馬ファンのみならず、世間の注目も集めたレースは熱戦が繰り広げられた。上位に入線した馬が力を出し切ったが、これはキセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)の激走なしには語れないだろう。

 15頭立てのレースは異例の出走で話題を独占したヨシオ陣営が逃げ宣言していたこともあり、この馬が逃げると見られていた。ゲートが開いて真っ先に飛び出したのはアーモンドアイ。これを外からヨシオが先頭を窺おうとしたところで、キセキが一気にハナを奪う展開。ヨシオも懸命について行こうとするが、地力に勝るキセキが大きく後続を離して独り旅となる。

 そのままペースを緩めることなく加速したキセキは、1000m通過57秒9の大逃げで2番手以降との差を5馬身10馬身と広げていく。直線に入って尚、セーフティリードを保っていたものの、ゴール100m手前でアーモンドアイに交わされ7着で入線した。

 敗れたとはいえ、キセキの大逃げに競馬ファンからも賛否が分かれた。ネットの掲示板やSNSでは”キセキの大逃げ”が話題となり、「キセキ頑張った」「感動した」という肯定的なものもあれば、「距離間違えた?」「本命にしたのにガッカリ」といった否定的な意見も混在していた。

「キセキの存在感は光りましたね。大逃げがレースの盛り上がりに一役買ったことは間違いありません。歴史に残る一戦がスローペースのヨーイドンではなく、力と力の勝負になったのはこの馬の功績といえるでしょう。

ただ、懸念されるのは次走です。キセキの近走は後ろからの競馬で好結果を残していました。脚質転換が成功していただけに、また前掛かりになる悪い癖が悪化しなければいいのですが……」(競馬記者)

JRAジャパンC(G1)魅せたキセキ「超大逃げ」独り旅! 世紀の三強対決に抜群の存在感…… ファン大絶賛も浜中俊は「衝撃」のコメントの画像2

 レース後、浜中俊騎手は「スタートが良ければ、前へ行こうと思ってはいたのですが、1コーナーから掛かっていました。それで、馬の気に合わせて行きました。馬の状態は良かったです」と振り返った。

 逃げて2着に好走した2年前のジャパンCの再現を狙ったと感じたファンも多かったかもしれない。だが、馬が掛かったので、そのまま行かせてしまったというのが裏事情だったようだ。

 課題だったスタートに改善の兆しが見えつつあったキセキ。それだけに、行かせてしまったことは、今後の折り合いに不安を残す逃走劇だったといえるかもしれない。

JRAジャパンC(G1)魅せたキセキ「超大逃げ」独り旅! 世紀の三強対決に抜群の存在感…… ファン大絶賛も浜中俊は「衝撃」のコメントのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!