NEW

JRAの「郷に入っては郷に従え」が招いた悪夢の5分間……M.デムーロ「すごく嫌がりました」大出遅れウェイトゥパリス10着。ジャパンC消滅危機「外国馬ゼロ」から1年、再び浮き彫りとなったゲート問題

JRA「ジャパンC消滅」の道が露呈した「悪夢」の5分間……M.デムーロ「すごく嫌がりました」大出遅れウェイトゥパリス10着。「外国馬ゼロ」から1年、再び浮き彫りとなったゲート問題の画像1

 29日に東京競馬場で開催されたジャパンC(G1)は、まさに伝説的なレースとなった。

 菊花賞馬のキセキが大逃げしたこともあって、出走各馬が死力を尽くしたレース。勝ったアーモンドアイは、自身の記録を更新する芝G1・9勝目を飾って引退の花道を飾った。

 最強女王に敗れたものの2着、3着だった三冠馬コントレイル、デアリングタクトも来年が楽しみになるようなレースを見せた。4着カレンブーケドール、5着グローリーヴェイズも「伝説」の1ページに刻まれるに相応しい力走だったと言えるだろう。

 そんな華やかな盛り上がりがあった一方、今年のジャパンCで唯一の不完全燃焼に終わってしまったのは、10着に大敗した外国馬ウェイトゥパリス(牡7歳、仏・A.マルチアリス厩舎)ではないだろうか。

 新型コロナウイルスが再び勢力を増す中、調教師もオーナーも来日できないという異例の状況の中で、ジャパンC挑戦を決めた……いや、決めてくれたウェイトゥパリス。そこには「欧州の重馬場が合わない。むしろ今年の東京の馬場ぐらいがちょうどいい」という陣営の確かな狙いもあった。

 実際に、今秋の東京は初週に雨が降った関係で馬場が悪化。アーモンドアイの勝ち時計2:23.0が、自身が持つ一昨年のレコード2:20.6より2.4秒も遅かったことからも、時計のかかる馬場を得意とする欧州馬にとって、今年のジャパンCは例年以上のチャンスだったはずだ。

 しかし、世紀の一戦の幕開けを告げるファンファーレが東京競馬場に鳴り響き、訪れた4500人のファンの拍手が起こってから約5分間……。

 ウェイトゥパリスにとっては“悪夢”の時間が訪れた。

JRAの「郷に入っては郷に従え」が招いた悪夢の5分間……M.デムーロ「すごく嫌がりました」大出遅れウェイトゥパリス10着。ジャパンC消滅危機「外国馬ゼロ」から1年、再び浮き彫りとなったゲート問題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  4. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?
  5. JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回
  6. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  7. JRA川田将雅「鬼タックル」で武豊撃破!? G1級のお株奪われたトゥデイイズザデイ、3連単は「史上最低」270円
  8. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  9. JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」
  10. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む