NEW

JRA ジャパンC(G1)アーモンドアイら「3強人気爆発」で珍現象!? 売上、前年比150%も「記念馬券」がメルカリなどで大量流出……

【この記事のキーワード】, ,

JRA ジャパンC(G1)アーモンドアイら「3強人気爆発」で珍現象!? 売上、前年比150%も「記念馬券」がメルカリなどで大量流出……の画像1

 29日に東京競馬場で行われたジャパンC(G1)は、ここが引退レースとなったアーモンドアイが、無敗の三冠馬コントレイル、デアリングタクトの挑戦を退ける伝説的な一戦となった。ゴール前の迫力ある接戦は、レースを見た多くのファンを魅了したに違いない。

 ただ、そんなファンの熱気と同じくして「馬券」の方でも大いに盛り上がったようだ。

 今年のジャパンCの売上金は2000年以降で最高額となる272億7433万4600円。前年比147・5%の大幅アップとなった。

「昨年2着だったカレンブーケドールが今年は4着と着順を落としたように、今年は史上最高レベルの好メンバー。昨年は雨の影響もあったことから、約150%という異例の大幅アップとなりましたね。

新型コロナウイルスの影響で、この日も東京競馬場は入場制限が行われていましたが、インターネットによる馬券は発売が充実しているおかげもあって、この秋G1はエリザベス女王杯(G1)から3週連続の前年比売上プラスとなっています」(競馬記者)

 またアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトという「3強」が大きく注目された今年のジャパンCでは珍しい逆転現象を生まれている。

「アーモンドアイ1着、コントレイル2着、デアリングタクト3着で決まった今年のジャパンCですが、配当はすべて人気通りのガチガチの決着でした。特に3強の三連複300円はG1史上最低の配当。アーモンドアイとコントレイルの馬連330円を下回る、いわゆる逆転現象まで起きています。

おそらくファンにとっても3強の内、どれか1頭を切らなければならない馬連よりも、3強をすべて買える三連複の方が購入しやすかったのでしょう。また、現地で“記念馬券”として3強の馬券を購入したファンも少なくなかったと思います」(同)

 まるでオッズを無視したかのような過剰な売れ方をした3強の三連複だが、その一方でレース後には大手フリマアプリ「メルカリ」などで、早くもジャパンC関連の馬券が大量に出品されているようだ……。

JRA ジャパンC(G1)アーモンドアイら「3強人気爆発」で珍現象!? 売上、前年比150%も「記念馬券」がメルカリなどで大量流出……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  2. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  5. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  6. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  7. JRA「これ以上ない適任」陣営からもお墨付きの鞍上が最適解!「急造」コンビがオークス2着馬“長女”で満点回答の裏事情
  8. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  9. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  10. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星