NEW

JRAジャパンC(G1)3連複300円超えの「290円」を記録した絶対王者。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト超え「衝撃記録」の裏側

【この記事のキーワード】

,

JRAジャパンC(G1)3連複300円超えの「290円」を記録した絶対王者。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト超え「衝撃記録」の裏側の画像1

 29日に行われたジャパンC(G1)は1番人気アーモンドアイが優勝。2着に2番人気コントレイル、3着に3番人気デアリングタクトと3強での決着となった。

 3冠馬対決を制したアーモンドアイは自身が持つ芝G1の最多勝記録を「9」に更新。まさに名実ともに最強馬のままターフを去るになった。

 世紀の一戦として大きな注目を集めたジャパンCは、272億7433万4600円の売り上げを記録。前年比147.5%と驚異の売り上げアップは、それだけファンの関心が高かったことを物語っている。

 また、圧倒的な人気を集めた3頭による決着ということで、3連複の配当は300円、3連単の配当は1340円となり、JRA・G1の最低払戻金額を更新することになった。これまでの記録は3連複が2019年のホープフルS(G1)で580円、3連単が2011年の菊花賞(G1)で2190円だった。

 記憶に新しい19年のホープフルSはコントレイル、ヴェルトライゼンデ、ワーケアの上位人気3頭で決着。前哨戦を強い勝ち方で制した馬たちが、そのままG1でも実力を発揮するという結果だった。

 また、11年の菊花賞もオルフェーヴル、ウインバリアシオン、トーセンラーの人気順で決着。1、2着馬が日本ダービー(G1)、神戸新聞杯(G2)と全く同じ顔触れだったため、3連単の軸として信頼できたという背景も低配当の要因である。

 今回のジャパンCはそれを超える低配当だったということは、それだけ3強の存在が圧倒的だったと言えるだろう。

 だが、J・G1まで範囲を広げると、これを超える超低配当となったレースも存在する。

JRAジャパンC(G1)3連複300円超えの「290円」を記録した絶対王者。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト超え「衝撃記録」の裏側のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!