NEW

JRAジャパンC(G1)優勝アーモンドアイ繁殖入りに「最強配合」の夢広がる!注目の初年度はあの馬が最有力も…… 最強牝馬に立ちはだかる苦しい現実

【この記事のキーワード】,

JRAジャパンC(G1)優勝アーモンドアイ繁殖入りに「最強配合」の夢広がる!注目の初年度はあの馬が最有力も…… 最強牝馬に立ちはだかる苦しい現実の画像1

 史上初となる8冠馬と無敗三冠馬2頭の対決が実現し、大きな盛り上がりを見せたジャパンC(G1)。超ハイレベルの激戦を制したのはアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)だった。

 無敗を誇った3歳馬の挑戦を退け、自身の引退レースに花を添えた有終走。秋の天皇賞で更新した芝G1・8勝をさらに更新する9勝目を挙げ、競馬史に残る最強牝馬として不動の地位を確立したといえるだろう。

 コンビを組むC.ルメール騎手もこの勝利に「引退レースで勝って無事に帰すことができたのが一番嬉しいです。今日はサヨナラパーティーみたいな感じでした。素晴らしい脚を使いました。日本で一番強い馬です」と賛辞を惜しまなかった。

 そして、アーモンドアイを管理する国枝師も「無事に走ってくれてとにかくホッとしています。今後は次のステージ、産駒に期待して、できれば、うちの厩舎でやらせてもらえればと思っています」と、引退後の繁殖牝馬としての可能性に胸を躍らせた。

 競走生活を終えた牝馬には母として第2の馬生も待っている。次のステージでは自身を超える産駒を出すことが、最大の使命となる。

 アーモンドアイは父にロードカナロア、母にフサイチパンドラと両親がともにG1勝ち実績のある良血でもある。初年度の相手にどの馬が選ばれるのかは非常に興味深い。

 注目の花婿候補だが、アーモンドアイを生産したノーザンファームの吉田勝己代表からは「エピファネイアが有力」と話しているようだ。2016年に種牡馬入りしたエピファネイアは初年度産駒から無敗の三冠牝馬デアリングタクト、菊花賞(G1)でコントレイルと激戦を演じたアリストテレスが出ている。

 このまま実現となれば、三冠牝馬を出した父が娘の先輩三冠馬に種付けすることとなり、まさに夢のような配合といえるだろう。

「ブラッドスポーツといわれる競馬のロマンですよね。アーモンドアイの母はフサイチ軍団で有名なあの関口房朗オーナーが所有していたフサイチパンドラです。2006年のエリザベス女王杯(G1)を優勝しましたが、これは1位で入線したカワカミプリンセスの降着による繰り上がりでの優勝です。

同世代で最強を誇ったカワカミプリンセスは繁殖入りしたものの、まだG1で活躍するような大物には恵まれていません。母としての立場が逆転したように、最強馬が必ずしも自身と同じような産駒を出す訳でもないのが、競馬の奥深さともいえるでしょう」(競馬記者)

 これは勿論、アーモンドアイとて例外ではない。

 近年、名馬といわれたウオッカやダイワスカーレットも母としては、自身の現役時代を超えるような産駒には恵まれていない。ブエナビスタやジェンティルドンナなども産駒は誕生したものの、今のところはこれといった大物は出ていない。

 はたして、アーモンドアイはファンの期待を超えるような大物を出すことが出来るだろうか。

JRAジャパンC(G1)優勝アーモンドアイ繁殖入りに「最強配合」の夢広がる!注目の初年度はあの馬が最有力も…… 最強牝馬に立ちはだかる苦しい現実のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか