NEW

甘デジ「連続の大爆発」…「絶好調モード」突入!?「10万発」チャレンジ2020年の締めに向け好発進!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「連続の大爆発」…「絶好調モード」突入!?「10万発」チャレンジ2020年の締めに向け好発進!!の画像1

 前回、『CR銀河鉄道999 99ver.』が一撃5000発オーバーの激ハネで地獄の底から挽回してみせたこの甘デジ10万発チャレンジ。

 今年もあと一ヵ月で終わるなどという悪質なデマもそろそろ聞かれる時期なので、なんとか調子を上げて有終の美を飾りたいところである。

 前述の『999』甘の所業だけではなく、最近なんだかパチンコの運気が上昇してきている気配を感じるので、ここは攻め時なのではないかと判断し、座った機種は『デジハネPA北斗の拳7 天破』。RUSH突入時の爆発力と相性の高さに期待を込めたチョイスである。

 ところが、初当りまで133回転と確率を超えるわ、25回転の電サポモード「練気闘座BATTLE」で1回も闘わないわで、モヒカン雑魚キャラ並みに瞬殺される状況となった。しかし、回転率がすこぶる良好だったので、このまましばらく打ち続けることを選択。

 これが功を奏したのか、じつはさっきの当りで確変を引っかけていての潜確ST中だったのか、37回転でサウザーとのバトルを制し、引き戻しに成功。さらに、2度目の「練気闘座BATTLE」、そのわずか4回転目でラオウのパンチをかわしながら反撃のアタタタタ。見事にRUSH突入を果たしたのである。

 ここから怒涛の7連チャン。ジャギをボコり、即当りでエイリやんを出現させ、サウザー相手でも必殺奥義・赤保留で葬り去るなど快進撃で、またまた一撃5000発オーバーの出玉を紡ぎ出すことに成功したのである。

 連チャン中に演出示唆は確認できなかったものの、「これは高設定あるか?」と 大きな希望を抱かせる展開である。

 仮に設定が入っていなかったとしても回りは充分なので、この台を終日打ち切る手は大アリ。この調子なら出玉1万発までふくらますことも現実的。モヒカン雑魚キャラ並みに「ヒャッハー」と心の中で叫んだのは言うまでもない。

 しかし、人生とは皮肉なもので、どうしても離脱せざるをえない緊急の連絡が入電。自分の間の悪さを呪いつつ、後ろ髪引かれ隊となって『北斗7』甘を後にしたのである。

 いったん家に戻り、用事を手早く片付け、ホールに舞い戻ってはみたのだが、先ほどの『北斗7』甘にはしっかり人が座っており、ある程度の出玉を確保していて簡単に動く気配はなさそうな状況だった。

甘デジ「連続の大爆発」…「絶好調モード」突入!?「10万発」チャレンジ2020年の締めに向け好発進!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!