NEW

乃木坂46らへの「強烈な憧れ?」BiSH“方向転換”に疑問の声… 今後は王道を征く“正統派”へ路線変更?

【この記事のキーワード】

,

乃木坂46らへの「強烈な憧れ?」BiSH方向転換に疑問の声… 今後は王道を征く正統派へ路線変更?の画像1

 “楽器を持たないパンクバンド”がコンセプトの女性6人グループ・BiSH。いまバラエティ番組などに引っ張りだこのタレント・ファーストサマーウイカもかつて所属していたBiSの後継グループ として誕生し、過激なパフォーマンスで一躍注目を集めた話題の音楽グループだ。

 バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“クセがすごい女性グループ”として特集されたことで一気にブレイク。年末の大舞台である『NHK紅白歌合戦』への初出場も期待されていたが、残念ながら今年もその夢を叶えることはできなった。そのため、ファンからは「今年こそは!と思っていたけどね」「まだまだ知名度が低いのかな……」など、悲しみの声が相次いでいる。

 そうしたなか、11月21日発売の女性雑誌「SPUR」(集英社)に登場したBiSHは、それぞれのキャラクターに合ったコーデを披露。いつもの衣装とは違う目新しいファッションスタイルに称賛の声が上がった一方、ネット上では「“パンク”というコンセプトはいずこへ?」「アイドルを意識していそう」などとったツッコミも寄せられているという。

「今回のコーデでは、各メンバーがそれぞれディオールやルイ・ヴィトンなどといったハイブランドのコートを着用していましたが、このようなパンクとかけ離れたファッションスタイルは以前から目立っている状況です。

そのため、女性誌などでの活躍で同性ファンを増やし続ける乃木坂46、櫻坂46、日向坂46(通称“坂道グループ”)に方向性が酷似しているとして、SNS上では『一般的な人気アイドルに憧れがあるのでは』『女性ウケを狙っている雰囲気』といった声が続出。BiSHの方向転換を指摘するファンも少なくないようです」(音楽誌ライター)

 一方、以前には、グループ内の“収入格差”が話題になったこともあるBiSH。今年7月放送のバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、ソロでも活動中のアユニ・Dが「(収入の格差は)ないです」と否定したものの、「メンバーが旅行とか遊んでいる間も私は働いているので」などと嫌味っぽく主張したため、メンバー間の“確執”が疑われる事態にもなったようだ。

 インディーズ時代の楽曲『BiSH-星が瞬く夜に』のMV内では馬糞まみれになるなど、イロモノ系バンドのイメージが強いBiSH。万人受けするようなキャラクターではないが故、「紅白出場を逃したのでは」という意見もあるだけに、今後は王道を征く“正統派路線”を歩んでいくことになるのかもしれない。

乃木坂46らへの「強烈な憧れ?」BiSH“方向転換”に疑問の声… 今後は王道を征く“正統派”へ路線変更?のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!