NEW

パチンコ店「SS級」の極悪行為!! ホール店員を欺く“緻密な犯行”に驚愕…

【この記事のキーワード】

,

パチンコ店「SS級」の極悪行為!!  ホール店員を欺く緻密な犯行に驚愕…の画像1

 パチンコは娯楽ですが必然的に敗者が生まれてしまう特性上、負けてイライラしてしまう方も現れてしまいます。

 中にはイライラの度が超えて、店員に暴言や暴力を振るう方もいるのです。また、“勝利”に執着するあまり、よからぬ事を考えて不正行為に手を染める人物も少なからず存在するのが現実でございます。

 私は過去に約5年間ホール店員として従事しており、これまでパチンコ店で実際に起こった極悪行為の数々をご紹介してきました。

 遊技台にかかと落としを炸裂させ、チャンスボタンを破壊した人物。高所作業用の店舗備品である脚立を持ち去る不届き者。更には「ドツキ」によって故意に遊技台を揺らし、不正に出玉を得ようとするゴト2人組など。多くの極悪人を目の当たりにしてきた過去がございます。

 私の経験上、そういった極悪人たちは不審な点が目立ち、見るからに挙動がおかしいといった特徴があるものです。

 勤め先だったホールでゴト行為を実行した2人組は、スーツ姿で一般のサラリーマンを演じていたのでした。ただ、視界を遮る壁役がカメラの位置を確認する姿や、不自然な椅子の座り方は異様な怪しさが漂っておりました。

 ホール巡回は、遊技台トラブルの対応やお客様とのコミュニケーションも重要な業務のひとつですが、「極悪行為」の危険をいち早く察知できるように目を凝らす事も非常に大切でございます。

 私はそういった“異変”に気付く事に長けたスタッフとして、ホールリーダーを任されていた訳ですが…。

 今回は、そんな私が最後の最後まで気づくことのできなかった「SS級」の極悪行為をご紹介しましょう。

 ある日、いつものようにホールを巡回していると後輩スタッフからインカムを通じてこんな報告が流れてきました。

「パチンココーナーに挙動不審な男性がいます」。

 詳しく話を聞いてみると「遊技をせずに、ひたすらパチンコ島を歩き回っている」とのこと。無論、ただ遊技台を決めかねているだけという可能性もありますが、そうでなかった場合は「極悪行為」の前兆演出である危険性があるのです。

パチンコ店「SS級」の極悪行為!! ホール店員を欺く“緻密な犯行”に驚愕…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!