NEW

JRAジャパンC(G1)の裏で「詰んだ」未来!? 「立つんだジョー!」京阪杯(G3)惨敗の先に見えた一条の光明

【この記事のキーワード】

,

 29日、アーモンドアイの史上初9冠という歴史的快挙により幕を閉じたジャパンC(G1)。無敗の三冠馬2頭との一戦に、東京競馬場はレース後もその余韻が残っていたはずだ。

 一方、阪神競馬場ではジャパンC終了の約30分後、京阪杯(G3)がスタート。来年の高松宮記念(G1)を見据えた芝の1200m戦が行われた。

 レースは16頭立て。歴史的一戦の後ということもあり、独特の雰囲気の中ゲートは切られた。

 まず先頭に立ったのは、6番人気のジョーカナチャン(牝5歳、栗東・松下武士厩舎)。近走では現役屈指のスピードを誇るモズスーパーフレア以外にハナを譲ったことがない快速馬だ。

 2番手に1番人気のカレンモエが続き、外からラブカンプーも競りかける展開。スプリント戦らしく、先行争いの激しいレースとなった。

 先頭で4コーナーを回ったジョーカナチャンであったが、カレンモエが残り300m辺りでこれを交わして先頭。そこに後方のインで脚を溜めていた人気薄のジョーアラビカ、中団で構えた3番人気のフィアーノロマーノが加わり、ゴール前は接戦であった。

 最後は外から伸びたフィアーノロマーノが、混戦を断ち切って優勝。カレンモエが2着に粘り、3着にはジョーはジョーでも12番人気のジョーアラビカが入線した。

 逃げたジョーカナチャンは直線で失速して12着に惨敗。騎乗した菱田裕二騎手は「すぐに後ろから来られて、今日は展開として厳しかったです」とレース後にコメントした。

 夏場はアイビスサマーダッシュ(G3)で初重賞制覇を成し遂げたジョーカナチャン。一時はスプリント戦線でも期待されたが、この一戦では人気薄の「ジョー」アラビカ好走のお膳立てをする形となってしまった。

 ジョーカナチャンは前走の北九州記念(G3)でも、モズスーパーフレアのスピードに圧倒され直線失速を余儀なくされた。

「今回の一件も踏まえれば、芝のスプリントG1奪取は現実的に厳しい状況でしょう。同世代のモズスーパーフレアは、恐らく引退まで付きまとう「目の上のたん瘤」。同舞台で戦うには、今後も高い壁として立ち塞がるでしょう」(競馬記者)

 ただ、今回の惨敗によって「新たな可能性」も出てきたのではないかと記者は続ける。

「直近の2走は先行争いに巻き込まれて失速しているジョーカナチャンですが、実績的にも再度ダートへ転戦する可能性は残されているのではないでしょうか。11月3日、モズスーパーフレアがJBCスプリント(G1)でダート初参戦。結果は4着と敗れはしましたが、ダートでも存分にスピードを見せつけました。

ジョーカナチャンは、未勝利戦、1勝クラスとダートで勝ち上がっていますし、ダート戦では2戦2勝と未だ負けなしです。新潟開催までは直線1000m戦もありませんから、今回の惨敗を期にダート戦という可能性はあると思いますよ」(同)

 確かに、1勝クラスのダートで勝利した後は、芝の直線1000mを連勝。その後も芝短距離を使われ、ダートは一度も走っていない。

 ジャパンC(G1)の裏で惨敗した、ジョーカナチャンに射し込む一条の光明。ダート戦であれば、夏の輝きを取り戻す可能性が残されていそうだ。

JRAジャパンC(G1)の裏で「詰んだ」未来!? 「立つんだジョー!」京阪杯(G3)惨敗の先に見えた一条の光明のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!