NEW

JRA松山弘平が名門・堀厩舎に「急接近」!? ジャパンC(G1)デアリングタクト初黒星も、最終日に挙げた「価値ある1勝」

【この記事のキーワード】

,

JRA松山弘平が名門・堀厩舎に「急接近」!? ジャパンC(G1)デアリングタクト初黒星も、最終日に挙げた「価値ある1勝」の画像1

 更なる飛躍につながったかもしれない。

 3冠馬対決に沸いたジャパンC(G1)は先輩3冠馬アーモンドアイの優勝で幕を閉じた。自身の芝G1勝利記録を9勝に伸ばし、有終の美を飾った。

 その一方、無敗の3冠牝馬として挑んだデアリングタクトは3着。キャリア初の黒星を喫した。

 松山弘平騎手は「強い相手に引けをとらない競馬ができました。これからの馬ですし、成長してほしいです」と今後の飛躍を願うコメントを残した。

 今年、デアリングタクトとのコンビで大ブレイクを果たした松山騎手。牝馬3冠という大偉業だけでなく、現在116勝で全国リーディング4位につける大活躍だ。また、この勝ち鞍はすでにキャリアハイを更新しており、重賞も8勝と昨年の2勝を大きく上回っている。次世代を担う騎手の最前線に立つホープである。

 ジャパンCは無念の敗戦となったが、その前に行われた東京11RのウェルカムS(3勝クラス)は価値ある1勝だったかもしれない。

 同レースで松山騎手は5番人気ヒシイグアス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)に騎乗。好位からの競馬で、粘るショウナンハレルヤをゴール前で捉えて勝利を飾った。

 これまでヒシイグアスに騎乗してきたジョッキーは、R.ムーア騎手、M.デムーロ騎手、C.ルメール騎手、F.ミナリク騎手、D.レーン騎手とすべて外国人騎手。初めて日本人騎手を背に勝利を飾った。

「堀厩舎は外国人ジョッキーを起用することで有名です。基本的に騎乗依頼は石橋脩騎手、C.ルメール騎手、M.デムーロ騎手に集中しています。

ただ、ウェルカムSはデムーロ騎手、ルメール騎手はともにお手馬が出走しており、石橋騎手が阪神にいるということで、松山騎手に白羽の矢が立ったようです。これには短期免許で来日している外国人騎手がいないという背景も影響しているように感じます」(競馬記者)

JRA松山弘平が名門・堀厩舎に「急接近」!? ジャパンC(G1)デアリングタクト初黒星も、最終日に挙げた「価値ある1勝」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!