NEW

JRA・G1の1番人気連勝クリソベリル勝てば「34年ぶり」更新。34年前、皇帝シンボリルドルフ、三冠牝馬メジロラモーヌから託された7連勝のバトン……デビュー5連勝「無敗の2歳王者」を襲った悲劇

JRAクリソベリル勝てば「34年ぶり」新記録更新。皇帝シンボリルドルフ、三冠牝馬メジロラモーヌから託された1番人気7連勝のバトン……デビュー5連勝「無敗の2歳王者」を襲った悲劇の画像1
クリソベリル JBISサーチより

 今週も、1番人気が勝つのだろうか。

 6日、中京競馬場で行われる今年のチャンピオンズC(G1)は、連覇を狙うクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が圧倒的な1番人気になることが予想される。

 ここまで9戦8勝。敗れたのは今年2月のサウジCだけと、国内では無敵を誇るクリソベリル。前走のJBCクラシックでも2馬身半差で完勝しており、以前から「この秋、一番堅い本命」とさえ言われていた存在だ。

 そんなダートの絶対王者には、意外な大記録が懸かっている。

 今秋、JRAではスプリンターズS、秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯、マイルCS、ジャパンCと7つのG1が行われたが、すべて1番人気が勝利。本命党にとっては天国のような状況だが、穴党にとっては「こんなことってあるの?」と言いたくなるような地獄に違いない。

 しかし、実は過去に1度だけJRA・G1における「1番人気7連勝」という記録がある。1985年の菊花賞から、翌86年桜花賞まで1番人気が7連勝しており無論、JRAの最多記録だ。つまり、今回は新記録が懸かっているのだ。

 グレード制が導入されて間もない1985年の秋。菊花賞を1番人気で制したのは皐月賞馬のミホシンザンだった。続くマイルCSでは当時の最強マイラーのニホンピロウイナーが完勝、ジャパンCでは皇帝シンボリルドルフが昨年3着のリベンジを果たしている。

 続く阪神3歳S(現・ジュベナイルフィリーズ)は、牡馬のカツラギハイデンが優勝。当時は牝馬限定戦ではなく、関西の2歳王者決定戦だった。なお同日に行われた朝日杯3歳S(現・フューチュリティS)はダイシンフブキが勝利している。年末の有馬記念はシンボリルドルフが4馬身差の圧勝で、史上初の7冠馬に輝いた。さらに年が明けた4月、桜花賞でバトンを受け取ったのが、後の三冠牝馬メジロラモーヌである。

 そして、見事ファンの期待に応えた本命馬達から“記録”を託されたのが、皐月賞を迎えたダイシンフブキだった。

JRA・G1の1番人気連勝クリソベリル勝てば「34年ぶり」更新。34年前、皇帝シンボリルドルフ、三冠牝馬メジロラモーヌから託された7連勝のバトン……デビュー5連勝「無敗の2歳王者」を襲った悲劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!