NEW

JRA阪神ジュベナイルF(G1)で白毛一族対決実現! 突然変異「始祖」シラユキヒメから「代重ね」で能力が開花!! 金子真人オーナーの執念が大舞台で実る?

JRA阪神ジュベナイルF(G1)で白毛一族対決実現! 突然変異「始祖」シラユキヒメから「代重ね」で能力が開花!! 金子真人オーナーの執念が大舞台で実る?の画像1

 12月13日(日)、阪神競馬場で行われる2歳マイルG1・阪神ジュベナイルFの登録馬が発表された。今年もフルゲート18頭に対して、20頭がエントリーするなど、素質あふれる若駒が集結したが、中でも注目を集めるのはソダシ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)とメイケイエール(牝2、栗東・武英智厩舎)の“白毛シラユキヒメ一族”の直接対決だ。

 ソダシは白毛の馬体にブチ模様で人気を集めたブチコの初仔(父クロフネ)。戦前は祖母シラユキヒメ同様、その真っ白な馬体で話題となったが、デビュー後は走りでもファンを魅了することになる。

 吉田隼人騎手とコンビを結成して迎えた函館の新馬戦(芝1800m)を勝利すると、続く札幌2歳S(G3)では、従来の2歳レコードを0秒1更新し、白毛馬で初となる芝重賞制覇という偉業を成し遂げた。

 前走のアルテミスS(G3)でも果敢に先行すると、直線に入って抜け出し、2着のククナに1馬身3/4差を付けて重賞2連勝。鞍上の吉田隼騎手は「初めて跨らせてもらった時から完成度が高い」と語り、さらに「そういう馬を任されているので、結果を出せて良かったです。このまま負けずに行って欲しいです」と先を見据えていた。

 一方のメイケイエールは、曾祖母にシラユキヒメ、祖母は関東オークス(G2)を勝利するなど一族の出世頭だったユキチャン、母にシロインジャーを持つ(父ミッキーアイル)。3代続けて白毛だったものの、自身にはその白の遺伝子は継承されず、鹿毛として誕生した。

 小倉の新馬戦(芝1200m)で福永祐一騎手が騎乗し、2着に5馬身差を付けるセンセーショナルなデビューを飾ると、2戦目の小倉2歳S(G3)では、重馬場を苦にすることなく武豊騎手を背に重賞初制覇を達成した。

JRA阪神ジュベナイルF(G1)で白毛一族対決実現! 突然変異「始祖」シラユキヒメから「代重ね」で能力が開花!! 金子真人オーナーの執念が大舞台で実る?の画像2

 そして距離を1ハロン延長して臨んだ前走のファンタジーS(G3)では、好位から直線で早めに抜け出すと、後続の追撃をしのいで優勝。武豊騎手は前半に力んだため、「普通ならダメになるパターンでしたが能力がありますね」と素質を認めている。

「この2頭の母系に名を連ねている“シラユキヒメ”は、現役引退後に繁殖入りを果たし、重賞勝ち馬のユキチャンなどを輩出しています。同馬以外の産駒は鳴かず飛ばずだったものの、繁殖が続けられたため、その血脈は途絶えることなく、ついに孫、ひ孫世代で能力が花開くことになりました。代重ねで進化を果たすのは相当珍しいパターンだと思います。

それもすべてはシラユキヒメのオーナーの金子真人氏の執念の賜物でしょう。金子氏はデビューしたシラユキヒメの産駒をすべて所有するなど、強い思い入れを持っていたようです。今の白毛一族の繁栄は、金子氏の情熱があったからこそですよ。

さすがにシラユキヒメの子孫すべてをフォローするわけにもいかず、メイケイエールなどを手放すことになりましたが、さすがの相馬眼でソダシはしっかりとキープ。自分が培ったと言っても過言ではない、白毛一族の結晶でG1初制覇を達成したいでしょうね」(競馬誌ライター)

 金子オーナーの秘蔵っ子は白毛一族対決を制して、一族の恩人にG1勝利をプレゼントすることができるだろうか?

JRA阪神ジュベナイルF(G1)で白毛一族対決実現! 突然変異「始祖」シラユキヒメから「代重ね」で能力が開花!! 金子真人オーナーの執念が大舞台で実る?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか