NEW

JRA有馬記念(G1)ラッキーライラック参戦でルメール争奪戦が泥沼化!? サートゥルナーリア、フィエールマンも…… 最有力候補はあの馬か

JRA有馬記念(G1)ラッキーライラック参戦でルメール争奪戦が泥沼化!? サートゥルナーリア、フィエールマンも…… 最有力候補はあの馬かの画像1

 三冠馬3頭の対決で空前の盛り上がりを見せたジャパンC(G1)も終わり、今週は阪神競馬場でチャンピオンズC(G1)が開催される。圧倒的1番人気が予想されるクリソベリルは、2月のサウジC(G1)こそ7着に敗れたが、国内レースでは8戦全勝と無敗を誇っている。

 今秋のG1はスプリンターズS(G1)を皮切りに、ここまで1番人気馬がすべてで勝利を収める7連勝と絶好調。ここも順当勝ちが濃厚と見られるだけに、馬券的な妙味はなさそうな雰囲気である。

 また、来週以降のG1も2歳限定戦が続くこともあり、盛り上がりとしてはもうひとつ。競馬ファンの興味は早くも暮れの有馬記念(G1)へ移りつつあるようだ。

 そこで注目したいのは、やはりC.ルメール騎手の騎乗馬だろう。7連勝している1番人気馬の騎手は、それぞれ三冠を獲得した秋華賞(G1)でデアリングタクトに騎乗した松山弘平騎手、菊花賞(G1)でコントレイルに騎乗した福永祐一騎手以外は、すべてルメール騎手が勝利を挙げている。

 その成績も【5.1.0.1/7】と他の騎手の追随を許さない。ここまで来るともはやレースの予想より、ルメール騎手の騎乗馬の予想が先決となりそうな勢いである。

 現在、有馬記念に出走を予定している馬で、ルメール騎手のお手馬はサートゥルナーリア、フィエールマン、ラッキーライラックの3頭だ。

 サートゥルナーリアは池添謙一騎手とのコンビでジャパンCに出走を予定していたが、左前脚に腫れが見られたために回避。フィエールマンは秋の天皇賞で福永祐一騎手が初コンビとなったものの、これはルメール騎手がアーモンドアイに騎乗したため、代打騎乗だったと考えられるだろう。

JRA有馬記念(G1)ラッキーライラック参戦でルメール争奪戦が泥沼化!? サートゥルナーリア、フィエールマンも…… 最有力候補はあの馬かの画像2

 そこへエリザベス女王杯優勝に導いたラッキーライラックまで有馬記念参戦が決まったとなると、ますます混迷を極めてくる。

「3頭ともそのままコンビ継続しそうな感じですね。池添騎手はジャパンC回避に相当ショックを受けていましたし、今度はコンビ実現しそうです。フィエールマンの福永騎手もコントレイルがジャパンCに出走したため、有馬記念は空いていますからそのまま騎乗も十分でしょう。

むしろ、アーモンドアイと同世代のラッキーライラック陣営は有馬記念で引退が濃厚ですから、エリザベス女王杯で最高の結果を出したルメール騎手とのコンビ継続を最も望んでいるかもしれません」(競馬記者)

 大レースで頼もしいルメール騎手だが、なかでも有馬記念は最も得意としているレースの一つでもある。

 なんといっても最も強烈なインパクトを残したのが、有馬記念初騎乗だった2005年だ。4番人気ハーツクライとのコンビでディープインパクトを倒して波乱の立役者となった。それ以外にも7番人気で2着の11年エイシンフラッシュ、10番人気で2着の12年オーシャンブルー、8番人気で2着の17年クイーンズリングなどの人気薄でも穴を開けている。

 現時点、どの馬とコンビを組むのか明確になっていないものの、有馬記念の予想ではルメール騎手の騎乗馬が大きな注目を集めることになりそうだ。

JRA有馬記念(G1)ラッキーライラック参戦でルメール争奪戦が泥沼化!? サートゥルナーリア、フィエールマンも…… 最有力候補はあの馬かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  2. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  5. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  8. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  9. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声