NEW

コカイン陽性O.マーフィー「潔白証明」も、騎乗停止処分の真実。JRA短期免許取得が遠のく可能性大。トップジョッキーが踏んだ「地雷」とは

コカイン陽性O.マーフィー「潔白証明」も、騎乗停止処分の真実。JRA短期免許取得が遠のく可能性大。トップジョッキーが踏んだ「地雷」とはの画像1

 フランスギャロから12月11日から来年3月11日までの3カ月間の騎乗停止処分を受けたO.マーフィー騎手。これでコカイン疑惑はひと段落となった。

 事の発端は、7月19日にフランスで騎乗した際の尿検査でコカインの陽性反応が検出されたこと。これに対し、マーフィー騎手は身の潔白を主張。自身のホームページにも「今まで一度としてコカインを摂取した事はありません。その事実を証明するために出来る事のすべてを行います」とコメントを掲載した。

 無実を証明するため、独自に薬物検査を手配してコカイン反応陰性を確認。この検査結果はフランスギャロにも共有された。そして、意図的ではないという証拠を裁定委員会が受け入れたことにより、3か月間の騎乗停止処分に至った。

 本当に潔白であれば、3か月の騎乗停止を受け入れるのはおかしいのではないかと思う方もいるのではないだろうか。実は、この裏にはある事情があるようだ。

「マーフィー騎手に近い関係者からの情報だと、確かにコカインは使用していません。なぜ、尿検査で陽性が出たかと言うと、関係を持った女性がコカインを服用していた為に検査で引っ掛かってしまったようです。

その言い分が認められた格好ですが、不注意とはいえ陽性反応が出たのは事実なので3ヶ月の騎乗停止となりました。もし、本当に使用していたとなれば、より重い処分になっていたというわけです」(競馬記者)

 どうやら、この事実は短期免許で来日中のマーフィー騎手の私生活を知る人間からすれば、驚くべきことでもないようだ。

「関係者の間では彼の女遊びは有名ですからね。競馬終わりには六本木などに繰り出し、国籍を問わずお楽しみだったようです。これを考えれば、そういった事に巻き込まれても不思議ではないですね」(別の記者)

 今回の件は3か月間の騎乗停止処分で決着したが、気になるのはマーフィー騎手の今後についてだ。

コカイン陽性O.マーフィー「潔白証明」も、騎乗停止処分の真実。JRA短期免許取得が遠のく可能性大。トップジョッキーが踏んだ「地雷」とはの画像2

 2012年にL.デットーリ騎手からコカイン陽性反応が出た際は、6か月間の騎乗停止処分。また、当時は1991年から2011年までの間に11度も短期免許で来日していたが、この一件があってから約7年もの間、日本競馬に参戦することはなかった。

「新型コロナウイルスの感染拡大が収束したとしても、数年は日本で乗れないと思います。日本はそういった問題を起こした人物を毛嫌いするので。デットーリ騎手の再来日にかなり時間を要したことが象徴していますね。

その中で力を発揮するのが日本競馬の最大勢力・社台グループです。腕のあるマーフィー騎手はかなり気に入られています。あくまでも、マーフィー騎手が欧州でトップジョッキーとして活躍していればの話ですが、バックアップ体制は取ると思われます。昨年、デットーリ騎手が久しぶりに来日したのは、社台ファームの吉田照哉代表の力が大きかったですし」(同)

 マーフィー騎手は自身のホームページに、「OM IN JAPAN」というページを設けて日本のファンに向けて日本語でメッセージを送るほどの親日家である。

 そんなマーフィー騎手だが、思わぬ“地雷”を踏んでしまい再来日が遠のいてしまった。果たして、次に日本のファンの前に姿を見せる日はいつになるだろうか。

コカイン陽性O.マーフィー「潔白証明」も、騎乗停止処分の真実。JRA短期免許取得が遠のく可能性大。トップジョッキーが踏んだ「地雷」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々