NEW

JRAデアリングタクト有馬記念(G1)回避も、あの馬が話題を独占! チャンピオンズCも「元々使う予定」…… 世紀の一戦さえまさかの調教替わり?

【この記事のキーワード】,

JRAデアリングタクト有馬記念(G1)回避も、あの馬が話題を独占! チャンピオンズCも「元々使う予定」…… 世紀の一戦さえまさかの調教替わり?の画像1

「元々ここに使う予定だった」

 2週連続G1出走で今週も話題を独占確実か。『スポニチ』の取材に対し、森秀行調教師は、異例の連闘にも”予定通り”を強調した。

 三冠馬3頭が一堂に会したことで、歴史に残る激戦が繰り広げられることになったジャパンC(G1)。この世紀の一戦に出走して15着に敗れたヨシオ(牡7、栗東・森秀行厩舎)だ。

 ダートを主戦とするヨシオのジャパンC参戦は大きな注目を集めた。

 現役最強馬決定戦といっても過言ではない頂上決戦に一見、場違いにも映る馬の出走は『netkeiba.com』で圧倒的1番人気に支持されるという”珍事”も引き起こした。最終的に修正が施されたが、それだけファンの関心も大きかったといえるだろう。

 レース前には逃げ宣言も飛び出したが、地力に優るキセキのスピードについて行けず、15頭立てのレースでブービーの14着だったトーラスジェミニからさらに大きく遅れる15着に大敗。15年7月にデビュー戦の1200mを8着に敗れて以来の芝のレースで超一流馬相手ではさすがに無理があったかもしれない。

 2着のコントレイルは年内休養を表明、3着のデアリングタクトも有馬記念参戦を取りやめたように、疲労を隠せなかったことも超ハイレベルだったレースでの激闘を物語っている。

 その一方、「使った後も変わりない」とタフさを見せているのがヨシオである。鞍上は前走で手綱を取った勝浦正樹騎手から亀田温心騎手にバトンタッチ。若手のホープとのコンビでトップクラスの馬を相手にどう立ち向かうのかにも注目してみたい。

「ジャパンCは最下位に敗れましたが、ヨシオにとってこれがキャリア69戦目のレースでした。初G1挑戦したと思いきや、連闘でG1を使える強靭さはNO.1といえるでしょう。
今年に入ってもチャンピオンズCが12戦目ですから、出走馬の中では勿論キャリア最多を誇ります。

まさに無事是名馬の代名詞といえるような馬で、馬主孝行なのは間違いありません。近年は特に年数戦しか使われない馬が増えてきた中で異質な存在です。また、この連闘により知名度も一気にアップ。密かにヨシオファンとなった人もいるでしょうね」(競馬記者)

 勿論、陣営が元々使うつもりだったというように、芝のジャパンCとは異なり、チャンピオンズは主戦場のダートに条件が変わる。

 前走では宣言通りの逃げに持ち込むことが出来なかったが、今度こそ気持ちのいい逃走劇を披露してくれることに期待したい。

JRAデアリングタクト有馬記念(G1)回避も、あの馬が話題を独占! チャンピオンズCも「元々使う予定」…… 世紀の一戦さえまさかの調教替わり?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々