NEW

JRAチャンピオンズC(G1)カフェファラオに漂う「危険」な臭い!? 信じていいのはC.ルメール? 1番人気? クリソベリルは川田将雅G1連敗ストッパーとなれるか

JRAチャンピオンズC(G1)カフェファラオに漂う「危険」な臭い!? 信じていいのはC.ルメール? 1番人気? クリソベリルは川田将雅G1連敗ストッパーとなれるかの画像1

 6日、中京競馬場ではチャンピオンズC(G1)が開催される。京都競馬場改修の影響で、関西圏のG1は多くが阪神競馬場での代替開催となったが、ダート王決定戦は中京で変更はない。

 コース替わりで頭を悩ませたデータ派にとっては歓迎材料となりそうだ。ただ、チャンピオンズCは2000年に創設されたジャパンCダートを前身としているレース。14年から中京ダート1800mに変更されてまだ6回の開催と、この条件のデータはまだ少ない。

 圧倒的1番人気が予想されるクリソベリルが、過去6年未勝利の8枠15番に入ったとはいえ、これを危ないと考えるのは早計だろう。

 そこで優先したいのはチャンピオンズCの過去よりも、今秋のG1戦線の結果だ。9月のスプリンターズSを1番人気グランアレグリアが勝利して以降、先週のジャパンC(G1)を1番人気アーモンドアイまで現在7連勝中なのである。

 JRAのG1で1番人気馬の連勝は1985年の菊花賞から、翌86年桜花賞までの7連勝が最多記録だ。今回、1番人気が勝利すれば8連勝となり、勿論これはレコードとなる。以下はその一覧。

■2020年秋G1の優勝馬(1番人気)※敬称略
スプリンターズS グランアレグリア  C.ルメール
秋華賞      デアリングタクト  松山弘平
菊花賞      コントレイル    福永祐一
天皇賞・秋    アーモンドアイ   C.ルメール
エリザベス女王杯 ラッキーライラック C.ルメール
マイルCS    グランアレグリア  C.ルメール
ジャパンC    アーモンドアイ   C.ルメール

 三冠馬となったデアリングタクト、コントレイルの優勝は驚くほどではないにしろ、それ以外はルメール騎手がすべて勝利を挙げているのは特筆すべき内容だろう。【5.1.0.1/7】で勝率71.4%、連対率85.7%、複勝率85.7%と、他の騎手を圧倒。ルメール騎手を買わずして予想が成り立たないレベルといっても過言ではなさそうだ。

 だが、チャンピオンズCのクリソベリルは、ルメール騎手にとって倒すのが最も難しい相手となるかもしれない。

JRAチャンピオンズC(G1)カフェファラオに漂う「危険」な臭い!? 信じていいのはC.ルメール? 1番人気? クリソベリルは川田将雅G1連敗ストッパーとなれるかの画像2

 コンビを組む川田将雅騎手は18年9月のスプリンターズSをファインニードルで制して以来、芝G1の未勝利が続いており、先週の開催終了時点で【0.8.7.26/41】と実に41連敗中と不振を極めているため、これに付け入るチャンスがあるように思える。だが、この芝G1連敗中に唯一G1勝利を挙げることとなったのがクリソベリルで勝利した昨年のチャンピオンズCである。

 日本人騎手によるリーディング奪還を目指す川田騎手としても、ルメール騎手の独走を許している現状だけに、このレースだけは絶対に負けられない最後の砦となる。

JRAチャンピオンズC(G1)カフェファラオに漂う「危険」な臭い!? 信じていいのはC.ルメール? 1番人気? クリソベリルは川田将雅G1連敗ストッパーとなれるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール