NEW

JRAチャンピオンズC(G1)「ルメール時代」の到来!? 乗り替わり馬「勝率1.6%」の衝撃。唯一、勝利を収めた騎手とは……

JRAチャンピオンズC(G1)「ルメール時代」の到来!? 乗り替わり馬「勝率1.6%」の衝撃。唯一、勝利を収めた騎手とは……の画像1

 C.ルメールという存在はかなり偉大なのかもしれない。

 先週行われたジャパンC(G1)はルメール騎手のアーモンドアイが優勝。芝G1・9勝という驚異の記録を樹立して引退の花道を飾った。

 この勝利で、ルメール騎手はG1騎乗機会4連勝、今年G1・8勝目となった。これは自身が2018年に達成したJRA記録に並ぶもの。もし、今週末のチャンピオンズC(G1)を優勝すれば、記録更新となる。

 そんなルメール騎手が騎乗するのはカフェファラオ。下馬評では国内無敗のクリソベリル「1強」ムードだが、その牙城を崩す候補として2番人気に支持されることが予想される。絶好調の鞍上が有力馬に騎乗することで、記録更新の可能性も十分にあり得るだろう。

 まさに「ルメール時代」。これはチャンピオンズCの出馬表からも読み取れる。

 16頭の出走馬のうち、5頭の前走はルメール騎手が手綱を取っている。その中からカフェファラオを選択したという見方もできるということも、人気に拍車をかけているのかもしれない。

JRAチャンピオンズC(G1)「ルメール時代」の到来!? 乗り替わり馬「勝率1.6%」の衝撃。唯一、勝利を収めた騎手とは……の画像2

 さらに、騎乗経験のある馬まで広げると、大本命クリソベリル、ジャパンCで話題となったヨシオなど5頭にも跨ったことがある。なんと10/16頭はルメール騎手が手綱を取ったことがある馬なのだ。

「ライバルの感触を知っているということは、カフェファラオに騎乗するルメール騎手に有利に働くはずです。レースの組み立てがしやすくなるのではないでしょうか。

今回、4頭がルメール騎手からの乗り替わりで出走するわけですが、これはトップジョッキーならではの現象ですね。有力馬の騎乗依頼が入り、前哨戦で結果を残す。そして、G1では最もチャンスのありそうな馬を選択して勝つ。この勝利がまた騎乗依頼に繋がるというのは、まさに好循環ですね」(競馬記者)

 今回、ルメール騎手から乗り替わりで出走するのはタイムフライヤー、ゴールドドリーム、アナザートゥルース、チュウワウィザードの4頭。上位人気が予想される有力馬もいるが、この4頭に歓迎できないデータが存在する。

JRAチャンピオンズC(G1)「ルメール時代」の到来!? 乗り替わり馬「勝率1.6%」の衝撃。唯一、勝利を収めた騎手とは……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  2. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  3. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  4. JRAファンから「ルール改正」望む声も噴出した不運、「4度目の正直」で念願叶った実力馬とは
  5. JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題か
  6. JRA「これ以上ない適任」陣営からもお墨付きの鞍上が最適解!「急造」コンビがオークス2着馬“長女”で満点回答の裏事情
  7. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  8. 武豊「もう少し配慮してほしかった」JRAへ怒り心頭!? C.ルメール新型コロナ「検査OK」なのに14日間“強制”自宅待機の裏側
  9. JRA「枠入り不良&玉砕暴走」にファンから大ブーイング!? シルクロードS(G3)天敵の引退で追い風吹く「お騒がせ馬」に注目!
  10. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相