NEW

パチンコ新台『物語シリーズ』は「至高の品質」へ! 6.1号機『パチスロ北斗の拳 宿命』新情報も話題!!

パチンコ新台『物語シリーズ』は「至高の品質」へ! 6.1号機『パチスロ北斗の拳 宿命』新情報も話題!!の画像1

 2020年も抜群の存在感を放つ大手サミー。パチンコ・パチスロ両分野へ話題作を導入し、上々の反響を得ている。

 今後も魅力的な新機種を導入予定。7日からの週には「究極真化スペック」と宣言するパチンコ新機種がデビューを果たす。「高継続×ハイスピード」に「遊タイム」を搭載した仕上がりに期待する声も浮上中だ。

『北斗の拳』シリーズといえば「6.1号機出玉スペック」で登場するパチスロ新機種も話題を集めている。

 現在HP上では『パチスロ北斗の拳 宿命』のスペシャルムービーが公開中。第一弾では「100%直AT」「純増約2.8枚/G」「ストレートAT」「完全押し順」「ベース約35.8G」といった特徴が紹介され注目を集めた。

 続いて4日に公開された第二弾への反応も上々。「演出は面白そう」といった声が目立つ。HP上で紹介された「秘孔ギミック」搭載の北斗専用筐体に対するポジティブな意見も浮上している。

 多くのユーザーが期待していた低ベースの「6.1号機」。『パチスロ北斗の拳 宿命』の登場は、パチスロの今後へ影響を与えるものとなるのだろうか。続報に注目したいところだ。

 他にも「AT中のみボーナス出現率が上昇する」という画期的なシステムが特徴の『パチスロ頭文字D』、パチンコでは、前作よりパワーアップした遊タイムを搭載した『デジハネPA交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』がスタンバイ。こちらも熱視線を浴びている状況だが…。

 この流れで高い人気を誇る「物語シリーズ」の最新作も動き出した。パチンコ新台『P〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』の製品サイトを公開。「ぱないの品質」との宣言に、大きな反響が寄せられている。

パチンコ新台『物語シリーズ』は「至高の品質」へ! 6.1号機『パチスロ北斗の拳 宿命』新情報も話題!!の画像2
サミーHPより

■大当たり確率:約1/199.8(約1/7.68)
■賞球:1&2&4&11
■カウント:10C
■時短:1回or10回or255回
■遊タイム:時短255回
〇〇〇

 待望のシリーズ最新作は遊タイム搭載のライトミドルスペックで登場。遊タイムは通常時599回の消化で発動。255回の時短がスタートと、「突入=大当り濃厚」となっている。

パチンコ新台『物語シリーズ』は「至高の品質」へ! 6.1号機『パチスロ北斗の拳 宿命』新情報も話題!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!