NEW

JRA武豊「アーモンドアイ×ルメール」コンビを絶賛!「普通に乗って、普通に勝ったように見えるけど……」騎乗停止になった自虐ネタも披露

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「アーモンドアイ×ルメール」コンビを絶賛!「普通に乗って、普通に勝ったように見えるけど……」騎乗停止になった自虐ネタも披露の画像1

 先週のジャパンC(G1)で三冠馬3頭の対決を制し、史上最多となる芝G1・9勝目を挙げて有終の美を飾ったアーモンドアイ。その一方で、これだけの名馬が誕生した理由として、主戦のC.ルメール騎手の手腕が改めて高く評価されている。

 そんな中、競馬の第一人者となる武豊騎手が、アーモンドアイが新記録を打ち立てた天皇賞・秋(G1)を振り返りながら、ルメール騎手を絶賛している。

『武豊TVII』(フジテレビ系)に出演した武豊騎手は、キセキとのコンビで挑んだ天皇賞・秋を回顧。レース前の返し馬が最後の登場になったことについて「スイッチが入ったら、もう止まらないので……」と、後のジャパンCの“大暴走”を予言するなど、レジェンドジョッキーならではの鋭い視点を披露している。

 また、キセキがアーモンドアイと隣の枠だったが「気を遣いましたよ。1回やってるから(笑)」と、スタート直後に斜行して進路を塞いでしまった昨年の安田記念(G1)を持ち出して“自虐ネタ”まで披露している。

「昨年の安田記念では、武豊騎手のロジクライがスタート直後に斜行……アーモンドアイ、ダノンプレミアムと1、2番人気の進路を塞いでしまうアクシデントがありました。

その後、武豊騎手が謝罪して、JRAからも騎乗停止処分が下りましたが、当時はファンやメディアの間でも大きな物議を呼びました。アーモンドアイがG1最多勝の新記録を達成して、武豊騎手も少しは救われたのかもしれませんね」(競馬記者)

 そんな中、武豊騎手は天皇賞・秋を通じて「凄いですよね。隙がない」とアーモンドアイを評価。中でも「このレースは、特にクリストフが『凄いな』と思いましたね」と、主戦のルメール騎手の騎乗については手放しで絶賛している。

JRA武豊「アーモンドアイ×ルメール」コンビを絶賛!「普通に乗って、普通に勝ったように見えるけど……」騎乗停止になった自虐ネタも披露の画像2

 武豊騎手は、アーモンドアイとルメール騎手のコンビについて「普通に乗って、普通に勝ったように見えるけど(そうじゃない)」とコメント。キャリア唯一の惨敗となった昨年の有馬記念(G1)を引き合いに出し「掛かる癖もあると思いますし」「相当色々考えることがあると思います」と、最強女王の乗り難しさを推測している。

 さらに、アーモンドアイが天皇賞・秋の前走には1600mの安田記念(G1)を使っていたこともあって「それをきっちり(スタートから前に)出して、壁の無いポジションを取って」と、ルメール騎手の折り合いの技術に注目。「上手いですよ、やっぱり」と、改めてその手腕に称賛の声を送っている。

「マイル戦など、スタートから出していくレースを使うと馬がそれを覚えてしまって、次に距離を伸ばしてゆっくりしたレースをするのが難しくなるといった話はよく耳にします。

これについては元JRA騎手の佐藤哲三さんも『netkeiba.com』の連載コラムで、ルメール騎手のジャパンCの騎乗を振り返り『末脚のあるアーモンドアイでもスタートをきっちり決めて、他の人馬よりも前に行って抑える、というところも完璧』と極めて高く評価しています」(同)

「強いし、上手い――」

 そう、アーモンドアイとルメール騎手を評価した武豊騎手。馬が強い上に、騎手が上手い――。競馬においてこれ以上の誉め言葉はないかもしれないが、レジェンドジョッキーのこの言葉こそ「令和の最強コンビ」を語る上で、最も的を得ているのではないだろうか。

JRA武豊「アーモンドアイ×ルメール」コンビを絶賛!「普通に乗って、普通に勝ったように見えるけど……」騎乗停止になった自虐ネタも披露のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!