NEW

JRAアーモンドアイ引退で人気に陰り……有馬記念(G1)C.ルメールなど「騎乗馬確定」で浮かび上がるシルクレーシングの苦境!?

【この記事のキーワード】

,

JRAアーモンドアイ引退で人気に陰り……有馬記念(G1)C.ルメールなど「騎乗馬確定」で浮かび上がるシルクレーシングの苦境!?の画像1

 三冠馬が3頭出走した「空前絶後」のジャパンC(G1)が終わり、早くも年末27日に中山競馬場で行われる有馬記念(G1)に目をやるファンも多いようだ。

 一年の最後に行われるJRA古馬G1ということもあり、毎年大盛り上がりを見せる有馬記念。残り1カ月を切り、「鞍上未定」となっていた各馬の乗り役も決まりつつある。

 新たに鞍上が決定したのが以下の3頭。

 フィエールマン C.ルメール騎手
 ラッキーライラック 福永祐一騎手
 カレンブーケドール 池添謙一騎手

 いまや「無双状態」ともいえるルメール騎手は、前走騎乗していた馬にラッキーライラックやオーソリティなどもいたが、フィエールマンへの騎乗が決定した。

 天皇賞・春(G1)でフィエールマンに騎乗していたルメール騎手だが、天皇賞・秋(G1)ではアーモンドアイに騎乗。フィエールマンには、乗り替わりで福永騎手が騎乗していた。

 しかし、有馬記念では再びルメール騎手へと乗り替わり。アーモンドアイなき今、天皇賞・秋で0.1秒差の2着と迫ったフィエールマンへの騎乗は当然ともいえる選択なのかもしれない。

 鞍上の空いたラッキーライラックには、フィエールマンからスライドして福永騎手が騎乗予定。ラッキーライラックは今年のエリザベス女王杯(G1)で同レースの連覇を達成しており、大阪杯(G1)ではクロノジェネシスも下した有力候補だ。

 これまで津村明秀騎手が騎乗してきたカレンブーケドールは、グランプリレース「7勝」の池添騎手に乗り替わり。前走のジャパンCでは三冠馬3頭に屈し4着と敗れたが、その3頭がいない有馬記念はチャンスも十分だろう。

 これによって有力どころだと目される馬は、ほぼ鞍上が決定。しかし、これらの決定により鞍上が「未定」となっている馬の相棒探しはより混迷を極めるかもしれない。

JRAアーモンドアイ引退で人気に陰り……有馬記念(G1)C.ルメールなど「騎乗馬確定」で浮かび上がるシルクレーシングの苦境!?の画像2

 前走ルメール騎手が騎乗し、約半年ぶりの実戦でアルゼンチン共和国杯(G2)を制したオーソリティ。今年の日本ダービーではレースを目前にしながらも、骨折で出走が叶わなかった3歳の素質馬である。

 オーソリティが勝利した青葉賞のタイムは2分23秒0のレコード。同じく芝2400m条件のダービーを制したコントレイルの勝ち時計が2分24秒1と平凡だったことから、一部のファンからは「幻のダービー馬」との声も挙がったほどの馬だ。

 他にも、一昨年の有馬記念を制し、前走は約1年5カ月ぶりに池添騎手に鞍上が戻ったブラストワンピース。前走のエリザベス女王杯でラッキーライラックの2着と健闘を見せたサラキアは、北村友一騎手がクロノジェネシスに騎乗するため鞍上は「未定」のままである。

JRAアーモンドアイ引退で人気に陰り……有馬記念(G1)C.ルメールなど「騎乗馬確定」で浮かび上がるシルクレーシングの苦境!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!