NEW

JRA川田将雅「香港国際競走」お手馬3頭も遠征なし! 「コントレイルのような馬に……」国内居残りは「あの馬」が影響か!?

【この記事のキーワード】,

 13日にシャティン競馬場で行われる香港国際競走の出走予定馬と騎乗予定騎手が、3日に香港ジョッキークラブのホームページで発表された。

 香港カップ(G1)の前年覇者であるウインブライトは、もちろん今年も松岡正海騎手が騎乗予定。12月8日から15日までの海外渡航届が提出されたことをJRAが4日に発表している。

 今年は香港ヴァーズ(G1)への日本馬出走はなし。その他、香港カップ、香港マイル(G1)、香港スプリント(G1)へは日本馬が登録している。

 香港カップはウインブライトの他、ダノンプレミアムとノームコアが登録。香港マイルはアドマイヤマーズ1頭が登録しており、香港スプリントはダノンスマッシュとタワーオブロンドンで、日本からの参戦は全部で6頭と盛り上がりを見せそうだ。

 そんな中、注目したいのが以下の3頭。

香港カップ ダノンプレミアム W.ビュイック騎手
香港マイル アドマイヤマーズ C.スミヨン騎手
香港スプリント ダノンスマッシュ R.ムーア騎手

 上記の3頭は全て川田将雅騎手のお手馬だが、外国人騎手に乗り替わっている。

「川田騎手のお手馬である3頭が出走ということで、すっかり香港へ遠征するものだと思っていました。しかも、川田騎手と親密な関係にあるダノンの馬が2頭ですからね。

ダノンスマッシュの鞍上がムーア騎手に決定した際に違和感もありましたが、今年は香港への遠征はしないみたいですね」(競馬記者)

 昨年は香港のハッピーバレー競馬場で行われる「インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」に出場。一昨年もファインニードルで香港スプリントに出走した川田騎手だが、現在のところ海外渡航届は提出されていないようだ。

 6日に行われるチャンピオンズC(G1)では、断然人気が予想されるクリソベリルに騎乗予定の川田騎手。とはいえ、松岡騎手も現地入りは5日前、凱旋門賞(G1)で渡仏した武豊騎手も現地入りは3日前だった。

 特に問題はないように思えるが、これには「あの馬」の存在が関わっているのではないかと記者はいう。

JRA川田将雅「香港国際競走」お手馬3頭も遠征なし! 「コントレイルのような馬に……」国内居残りは「あの馬」が影響か!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか