NEW

【阪神JF(G1)展望】武豊メイケイエールVS吉田隼人ソダシ! ジェンティルドンナの3番仔は「抽選突破」で出走叶うか

【阪神JF(G1)展望】ソダシVSメイケイエール、「白毛一族」がガチンコ対決! ジェンティルドンナの3番仔は「抽選突破」で出走叶うかの画像1

 13日には、阪神競馬場で2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が開催される。

 阪神外回りの1600mという舞台は、桜花賞(G1)と同じ。昨年はレシステンシアがレコードで逃げ切り勝ちを収め、桜花賞でも2着に入った。来年のクラシックを占う意味でも、注目の一戦だ。

 昨年の阪神JFを振り返ると、結果的に6着に敗れたが、リアアメリアの1強ムードだった。今年は一転、“白毛一族”の2頭が人気を分け合いそうだ。

 おそらく1番人気はソダシ(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)の方だろう。7月の函館1800mでデビューすると、2番手追走から上がり最速の末脚で快勝。札幌2歳S(G3)では、前半35秒0のハイペースを先行し、4角で先頭に立つと、そのまま押し切った。

 続くアルテミスS(G3)では1番人気に支持されたが、初輸送に加え、初の左回り、初の距離短縮など、初物尽くしで不安要素も少なくなかった。それでも、道中2番手から東京の長い直線でしぶとく伸びて3連勝を飾った。

「デビュー戦から鞍上を務める吉田隼人騎手は、レースごとに成長を感じているようです。しかし、ソダシはまだ2歳。課題もまだまだあるようで、前走後には、レースを経るごとにテンションが高くなっていることを危惧するコメントを残していました」(競馬記者)

 そして、吉田騎手が挙げた課題の一つがゲートだ。前走後には「ゲートで苦しがるところも出ている」と話していたが、これは母の影響があるかもしれない。

 白毛馬初の芝G1制覇を狙うソダシ。その母・ブチコはJRAのダートで4勝した白毛馬。独特のブチ模様で人気を博した。ただ、ゲートを嫌がったり、暴れたりすることも多く、ゲートに突進して白毛が赤く染まるほど出血し、競走除外になったこともあった。

 娘のソダシは今のところ“優等生”だが、母からゲート難の血を受け継いでいないことを祈るのみだ。

 そのソダシの祖母が白毛一族の祖シラユキヒメである。その曾孫にあたるのがメイケイエール(牝2歳、栗東・武英智厩舎)だ。こちらはシラユキヒメ~ユキチャン~シロインジャーと白毛一族の流れを汲むが、本馬は鹿毛に出た。

 白毛一族の2頭がともにデビュー3連勝で激突するが、これまでの臨戦過程は全く異なる。スピードに秀でたメイケイエールは、1200mの新馬戦と小倉2歳S(G3)を勝利。前走のファンタジーS(G3)で、1400mをこなしたが、さらに1ハロン距離を延ばしての参戦となる。

 過去2戦は道中で折り合いを欠く素振りを見せており、距離延長は大きな不安要素といえるだろう。前走後、騎乗した武豊騎手は「普通ならダメになるパターンでしたが能力がありますね。前半あれだけロスがあっても最後までもつのは凄い」とコメント。能力の高さは認めるが、初のマイル戦で再び折り合いを欠くシーンを見せれば、馬群に沈む可能性も頭に入れておきたい。

 1800mでデビューしたソダシと、1200mデビューのメイケイエールと本来の距離適性は全く違う2頭。ガチンコ対決第1ラウンドはどちらに軍配が上がるだろうか。

【阪神JF(G1)展望】武豊メイケイエールVS吉田隼人ソダシ! ジェンティルドンナの3番仔は「抽選突破」で出走叶うかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか