GJ > 競馬ニュース > 阪神JF(G1)展望  > 2ページ目
NEW

【阪神JF(G1)展望】武豊メイケイエールVS吉田隼人ソダシ! ジェンティルドンナの3番仔は「抽選突破」で出走叶うか

 2頭に割って入るならサトノレイナス(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)だろう。キャリアはまだ2戦だが、6月東京の新馬、10月中山のサフラン賞(1勝クラス)といずれもマイル戦を強い勝ち方で連勝を飾った。

 父ディープインパクト、母バラダセールなので、全兄に今年の牡馬クラシックを皆勤したサトノフラッグがいる良血。ゆとりのあるローテーションには好感が持てるが、関西圏での競馬は今回が初めて。初輸送を無事クリアすれば、C.ルメール騎手に導かれ、直線突き抜ける可能性は十分あるだろう。

 5日時点で、7分の5という抽選対象だが、楽しみな素材がジェンティルドンナの3番仔・ジェラルディーナ(牝2歳、栗東・石坂正厩舎)だ。

 9月のデビュー戦は3着、2戦目は2着に敗れたが、3戦目でようやく勝ち上がった。その前走は、中団から上がり最速タイの末脚を繰り出し、ハナ差の辛勝。まだ粗削りだが、その将来性は高く評価されている。母の主戦を務めた岩田康誠騎手が久々のG1制覇を狙うためにも何とか抽選を突破したいところだろう。

 モーリス産駒期待のインフィナイト(牝2歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、前走のサウジアラビアRC(G3)で牡馬に交じって2着に好走した。デビューからの2戦はいずれも不良馬場。良馬場でどれだけ走れるかは未知数だが、北村友一騎手は前走後、「良馬場でどれだけ走れるのか見てみたいです。成長力もあるタイプだと思います」と期待のコメントを残している。

 他には、ファンタジーSでメイケイエールに0秒1差の2着に追い込んだオパールムーン(牝2歳、栗東・昆貢厩舎)。新馬、ききょうS(OP)を2連勝中のポールネイロン(牝2歳、栗東・矢作芳人厩舎)が上位進出をうかがう。

 他にも、ヨカヨカ(牝2歳、栗東・谷潔厩舎)とルクシオン(牝2歳、栗東・河内洋厩舎)の熊本県産の2頭がどこまで戦えるかにも注目したい。

 白毛一族の2頭を中心に実力馬そろった今年の阪神ジュベナイルF。発走は13日の15時40分を予定している。

【阪神JF(G1)展望】武豊メイケイエールVS吉田隼人ソダシ! ジェンティルドンナの3番仔は「抽選突破」で出走叶うかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合