NEW

【香港国際競走展望】ウインブライト「相性抜群の庭」で“V3”なるか!? マイル連覇狙うアドマイヤマーズは「10連勝中」新星の香港3冠馬と一騎打ち!?

【香港国際競走展望】ウインブライト「相性抜群の庭」でV3なるか!? マイル連覇狙うアドマイヤマーズは「10連勝中」新星の香港3冠馬と一騎打ち!?の画像1

 13日は、香港のシャティン競馬場で香港C、ヴァーズ、マイル、スプリントの4つのG1からなる「香港国際競走」が開催される。

 コロナ禍の今年は、昨年の9頭より3頭少ない6頭の日本馬が遠征する予定。最注目は3頭の日本馬が出走を予定している「香港C」だ。

 2000mの一戦で2連覇を狙うのはウインブライト(牡6歳、美浦・畠山吉宏厩舎)。過去2度の香港遠征は、いずれも強い勝ち方でG1を制覇。この馬にとって香港のターフはまさに“庭”と呼べるほど相性抜群だ。

 前走・天皇賞・秋(G1)を使って、気配は上昇。香港C連覇、そして香港G1・3連勝で有終の美を飾れるか。引退レースに騎乗するのはもちろん松岡正海騎手。『スポーツ報知』の取材に、「勝つのは俺の馬でしょうって感じです」と自信に満ち溢れたコメントを残している。

【香港国際競走展望】ウインブライト「相性抜群の庭」でV3なるか!? マイル連覇狙うアドマイヤマーズは「10連勝中」新星の香港3冠馬と一騎打ち!?の画像2

 前走の天皇賞・秋を逃げ粘り、4着に入ったダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)は香港に初参戦。ただし、3走前にオーストラリア遠征(3着)を経験している。

 鞍上は2年前のマイルCS(G1)をステルヴィオで制したW.ビュイック騎手が務める。勝利から遠ざかっているダノンプレミアムに2つ目のG1タイトルをもたらすことはできるだろうか。

 3頭目の日本馬は、エリザベス女王杯(G1)16着から巻き返しを図るノームコア(牝5歳、美浦・萩原清厩舎)だ。前走は横山典弘騎手を背にまさかの大逃げ。本来は脚を溜めて瞬発力で勝負する馬だけに、この大敗は度外視していいだろう。

 その前走は2200mの距離も少し長かった。鞍上にはC.スミヨン騎手が配され、距離短縮と鞍上強化で一発を狙う。

 日本馬以外では、世界の名門オブライエン厩舎が送り込むガリレオ産駒のマジカル(牡5歳、アイルランド)が注目の的だ。

 前走のブリーダーズCターフ(G1)は2着に敗れたが、キャリア27戦で20連対と安定感は抜群。特に2000mでは常に上位争いをしている。香港初参戦で日本馬3頭を蹴散らすか。

【香港国際競走展望】ウインブライト「相性抜群の庭」で“V3”なるか!? マイル連覇狙うアドマイヤマーズは「10連勝中」新星の香港3冠馬と一騎打ち!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!